ランド・ノリス 「マクラーレンF1チームを率いる準備はできている」
マクラーレンF1と2025年まで複数年契約に結んだランド・ノリスは、チームを率いる自信と能力があると信じている。

2019年にマクラーレンでF1デビューを飾ったときから、ランド・ノリスはチームに感銘を与えてきたが、グランプリウィナーであるダニエル・リカルドを新たなチームメイトに迎えた2021年にリカルドよりも45ポイント多く獲得し、一皮むけたシーズンとなった。

当然、ランド・ノリスの暑い見通しとライバルからの引き抜きを阻止するために新しい契約を結びたいと考えたマクラーレンF1は、2025年までの長期契約を結んでそのミッションを成功させた。

ドライビングの観点からだけでなく、ランド・ノリスは自信という点でもF1キャリア初期に苦しんだ自己不信を克服している。

したがって、ランド・ノリスは、マクラーレンがF1の新しい規制時代に突入するときに自分に頼ることができると感じていると語る。

「去年、僕がやったようなことを続けられることを楽しみにしている」とランド・ノリスはMCL36の発表会で語った。

「自分に自信があるし、運転に自信がある。チームを率いることができると感じている…チームが助けてくれる必要がある場合は、チームに頼ることができる場所にいることができ、彼らが必要な場合は、僕がチームを助けることができると感じている」

ランド・ノリスは2021年に4回表彰台を獲得し、F1イタリアGPでの2位がシーズンのベストリザルトだった。

また、F1ロシアGPでは初ポールポジションを獲得。レース終盤に大雨に捕らえるまで勝利に近づいていた。ランド・ノリスはインターミディエイトに交換するためにピットインしないことを決定し、それが裏目に出てしまった。

2021年のキャンペーンを振り返ったランド・ノリスは、他のミス、特にブラジルでの元チームメイトのカルロス・サインツとの1周目のクラッシュを挙げ、今年はより一貫性を追求していると語った。

2022年の目標についてランド・ノリスは「より基本的なことは、一貫性をもう少し高めることだ」と語った。

「2年前から昨シーズンまで、とても良い一歩を踏み出したと思う。非常にコストのかかるそういった小さなミスをしないようにしなければならない」

「獲るべきときにポイントを獲得できなかったことが2回くらいあった。8位だったけど、5位や6位でフィニッシュすべきレースもあった。より多くのポイントを獲得するためにより大きなステップを果たさなければならない」

「一貫性が重要だ。Q3に進む機会があるときは、必ずQ3にいられるようにしなければならない…重要なときにそこにいなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン