ランド・ノリス 「フェルスタッペンは最高ではないF1マシンでタイトルを獲った」
マクラーレンF1のマックス・フェルスタッペンは、マックス・フェルスタッペンの今年の最高のF1マシンではないレッドブル・ホンダでF1ドライバーズチャンピオンシップを制したと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、22戦のシーズンの最終戦のファイナルラップまで続いたルイス・ハミルトンとの激しい戦いの末、自身初のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

その過程でマックス・フェルスタッペンは、シーズン最多の10回のポールポジション、10勝を挙げ、最も多くのラップをリードしたが、ランド・ノリスは、シーズンの大部分で勝てるマシンを持っているのはメルセデスだと感じている。

「今シーズン、フェルスタッペンがメルセデスより良いマシンを持っていたとは思わないので、彼が今シーズン達成したことを祝福する」とランド・ノリスはRacingNews365.comに語った。

「メルセデスはシーズンの大部分を通してより良いマシンを持っていたと思う。マックスの方が不運でドライバーとしてのミスは少なかったと思う」

「ルイスはより多くの経験を持っていて、より多くのチャンピオンシップを獲得している」

「彼(フェルスタッペン)のためにとてもうれしく思っている。彼は僕の親友だ。先に彼を祝福したけど、ルイスも素晴らしいシーズンを過ごし、チャンピオンシップを目指して非常にうまくやってくれたので、ルイスも祝福したい」

マックス・フェルスタッペンのF1タイトルは、周回遅れの全車両ではなく、一部のドライバーだけがセーフティカーを抜いてアンラップを許可するという物議を醸す決定でもたらされた。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの間の5人のドライバーはアンラップを許可されたが、他の周回遅れのマシンはセーフティカーを追い越すことができなかった。

メルセデスF1は最終的に抗議を取り消したが、ランド・ノリスは、数台のマシンを通過させるという遅い判断に驚いたと語る。

「彼らは僕たちを通過させるつもりはないと言ったが、最終ラップで突然決定したのは少し驚きだった」とランド・ノリスは語った。

「明らかに戦いを作った。それはテレビのためであり、結果のためだった。それが公正であったかどうかを僕が決めるのは難しい」

「両方のドライバーにおめでとうと言わなければならない。見るのはとても楽しかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / レッドブル / マクラーレン / マックス・フェルスタッペン