ランド・ノリス 「ハミルトンのF1タイトル争いを支援することはない」
マクラーレンはメルセデスのF1エンジンを搭載しているが、ランド・ノリスはルイス・ハミルトンに順位を譲ってタイトル争いを支援することはないと断言する。

2021年のF1タイトル争いは、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの一騎打ちとなっているが、ランド・ノリスは何度か彼らの戦いに加わっている。

F1ロシアGPでは、ランド・ノリスは、ウェットからドライに変わるコンディションのなかでポールポジションを獲得し、終盤にルイス・ハミルトンからの追撃を受けるまでレースの大部分をリードした。

最終的には終了間際の雨が運命を変え、マクラーレンとランド・ノリスはスリックタイヤでステイアウトするとい間違った決断を下し、インタミディエイトに交換したルイス・ハミルトンが通算100勝目を挙げ、マックス・フェルスタッペンは2位表彰台を獲得するチャンスを掴んだ。

レース後、ルイス・ハミルトンは、雨が降らなければ、ランド・ノリスを抜くことができなかったかもしれないと認めた。

「ランドを追い抜くのは難しかっただろう。彼のペースは素晴らしかったし、ファステストラップを記録していた。だから、トラフィックに引っかかったり、ミスが犯したりしない限り、追い抜くのは難しかったと思う。彼はまったくミスをしなかった」とルイス・ハミルトンは語った。

しかし、今シーズンの最終戦で再びルイス・ハミルトンをリードしていることに気付いた場合、ランド・ノリスはその厳しい防御を続けるの? マクラーレンとメルセデスのエンジンパートナーシップにより、可能な場合、サプライヤーがカスタマーチームに何かしらの影響を与える可能性はあるのかどうかランド・ノリスは質問を受けた。

しかし、ランド・ノリスは自分とマクラーレンのためにレースをしているので、どのようなシナリオでもルイス・ハミルトンに順位を譲ることはないと語った。それはマックス・フェルスタッペンについても同じことが言える。

「ルイスとマックスが後ろにいるのなら、脇に寄るか? いいや、決して脇に寄ることはない」とランド・ノリスは語った。

「タイトルを争っているかどうかは関係ない。僕はチームと自分のためにドライブする。レースに勝つために戦うし、マックスやルイス、または他の誰かにポジションを譲るようなことは決してしない。彼らがタイトルを獲得するためにそれが必要かどうかは気にしない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / ルイス・ハミルトン / メルセデス