ランド・ノリス、初勝利の機会は逃すも「リカルドの優勝に満足」 / F1イタリアGP 決勝
マクラーレンのランド・ノリスは、F1イタリアGPで勝利をかけてダニエル・リカルドに勝利を挑むことができたと感じているが、喜んでチームとしての戦いを演じたと述べた。

ダニエル・リカルドが、スタートでマックス・フェルスタッペンからリードを奪い、序盤は元レッドブルのチームメイトを寄せ付けずにレースを展開。その後、ピットストップで時間がかかったフェルスタッペンは順位を落とし、続いて、タイトルのライバルであるルイス・ハミルトンと接触してレースを終えた。

二人が消えてからは、ダニエル・リカルドが快適にレースをリードし、ランド・ノリスが2番手に浮上して1-2体制に入った。

その段階でランド・ノリスは、ダニエル・リカルドに挑戦していいかどうかをチームに尋ねた。しかし、チームからの命令は『ランド、君が今いるポジションが我々にとってベストだ』とポジションを保持するよう伝えられた。

2番手には不満はあるかと質問されたランド・ノリスは「ある意味、嘘をつくつもりはない。僕の優先事項はチームだ。僕はチームのためにここにいる。長期的にここにいることを願っている」と Sky F1 にコメント。

「僕たちの将来にとって、これは僕たちが得ることができる最高のリザルトだ」

「勝利を目指したいという欲求は常に内部にある。少なくともやってみるペースはあったと思う。ダニエルを抜けたかどうかは言えないけど、少なくとも試してみることはできたと思う」

「でも、同時に僕はチームに『僕に何をしてほしい? 僕は勝利を目指すことができる?できない?』と尋ねた」

「僕はチームの男であり、チームを愛し、ある意味で彼らと一緒に成長してきたので、僕は勝利を目指したいという気持ちと同じくらい幸せだった、これは期待できた最高の結果だ」

ランド・ノリスは、序盤にルイス・ハミルトンとのバトルに敗れたが、ルイス・ハミルトンのピットストップでの停滞に助けられてオーバーカットを成功させてポジションを取り戻した。

ランド・ノリスは、後から考えれば、それがなければ、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンではなく、クラッシュに終わったのは自分だったかもしれないと感じており、ポジションを取り戻せて安心したと語る。

「長い第1スティントだった。彼はハードタイヤを履いていて、僕たちがスティントを伸ばすほど、僕たちと比較してハードタイヤでのアドバンテージが大きくなった」とルイス・ハミルトンとの戦いについてランド・ノリスは語った。

「試してみたけど、何か特別なことをしてクラッシュするリスクを冒す価値がないこともわかっていた。でも、彼にはフェアにプレーした。彼は僕を追い越し、良い仕事をした」

「でも、ピットストップで彼をオーバーカットできたし、良い戦略でそれを取り戻すことができた。最終的には、実際に表彰台を獲得し、2位になった」

「もし、それがなければ、僕はマックスとルイスの後ろに出ていただろう。そして、おそらく僕が彼らの代わりにクラッシュしていただろう」

F1イタリアGP、はマクラーレンにとって非常にポジティブな週末であり、MCL35Mには全体的に競争力があるように見え、実力で勝利を達成したと言える。

ランド・ノリスは、レッドブルとメルセデスを抑えるるペースがあったと感じており、ルイス・ハミルトンが反撃してきても、簡単に抜かせるつもりはなかったと語る。

「週末を通して強力だった。メルセデスをオーバーテイクしたり、レッドブルをオーバーテイクするペースとまではいかなかったけど、抑えられるペースはあった」とランド・ノリスは説明する。

「そして、そういった仕事をしなければならないときがある。レース前にすべてのシナリオを練り上げた。彼らを抑えることができれば、ゲームプランはどうするか? 彼らの後ろに落ちた場合、ゲームプランはどうするか?」

「僕たちはすべてのシナリオに備えていたと思う。でも、それはレースだし、ルイスの前にいたいと思った。彼がメルセデスにいて、チャンピオンシップをリードしているのか、それとも2位にいるのかは関係ない。やっぱり最終的には彼を倒したいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン / F1イタリアGP