マクラーレンF1のランド・ノリス、自己隔離期間を終えてイギリスに帰国
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、新型コロナウイルス感染によってドバイで行っていた自己隔離期間を終えて今週後半にイギリスに帰国する。

ランド・ノリスは、ドバイで休暇中に味覚と嗅覚を失い、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出た。

幸いにもそれ以上の症状は報告されておらず、ドバイで予定していたトレーニングキャンプを中止し、政府のガイドラインに従ってドバイのホテルで14日間の自己隔離に入った。

マクラーレンF1の広報担当は、月曜日に強制検疫期間が終了したランド・ノリスは完全に回復しており、今週後半にイギリスに戻る予定であることを Crash.net に確認した。

イギリスに戻る飛行機に乗る前に、ランド・ノリスは新型コロナウイルス検査で陽性でなければならず、自宅に戻った後もさらなる自己隔離期間を過ごす必要がある。

その結果、ランド・ノリスは2021年のF1世界選手権に先立った冬季トレーニング計画に狂いが生じているが、幸いにもシーズンの開幕は当初より延期されており、プレシーズンテストはその2週間前の3月12~14日にスタートする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン