ランド・ノリス 「将来eSports出身のF1ドライバーが誕生する」
マクラーレンのランド・ノリスは、eSportsは将来的にF1ドライバーを輩出する可能性があるが、eSportsからF1に直行できるとは考えていないと語る。

2017年に設立されたF1 eSportsでは、2018年にブレンドン・リーはタイトルを獲得し、メルセデスがコンストラクターズタイトルを獲得。最初の2つのエディションが成功した後、2019年の賞金は500,000ドルに増額された。

ランド・ノリスは、eSportsに夢中になっているという事実を秘密にしていない。Team Redlineからシムレースに出場しているノリスは、このスポーツが将来F1ドライバーの繁殖地になると考えている。

「将来的には、eSportsからF1ドライバーが出てくると思う」とランド・ノリスは Racefans.net に語った。

「eSportsからF1に直接行くことはできないと思う。F3、F2など、まだいくつかのプロセスを実行する必要がる。でも、シミュレーターのスキルが実際のレーストラックに非常にうまく適用できることを証明したドライバーはすでにいると思う」

「シミュレーターとすべてが良くなればなるほど、そのようなことが起こる可能性が高くなる」

ランド・ノリシは、eSportsの本当の利点は自宅で十分な時間を過ごすことができることだと考えている。

「eSportsでは、実際のテストや実際の運転を行うよりも、明らかに多くのことをテストできる。ダニエル(ベレズナイ/アルファロメオF1 eSportsドライバー)のような優れたドライバーなおで気づくのは、彼らが投入した時間だ」とランド・ノリスはコメント。

「何週間も毎日テストをやっている。それは印象的なことだ。そして、常にセットアップを調整し、チームメイトと比較して運転を改善することが、できるようになる必要なものだけど、基本的に数週間それを行っている」

「0.1秒や0.01秒を見つけるのに非常に多くの時間を費やしている人を見るのは印象的なことであり、それが彼らの素晴らしいところだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / マクラーレン