ランス・ストロール F1 モナコGP
ランス・ストロールは、実際のモンテカルロ市街地コースのトラックを走ってみて、プレイステーションと同じ部分で苦労していると語る。

ランス・ストロールは、フリー走行2回目にマスネでコントロールを失ってクラッシュ。赤旗の原因となった。

事故はそれほど重要なものではないと語るランス・ストロールは、プレイステーションで苦労したエリアが現実でも厄介だったと述べた。

「最後にクラッシュした以外は本当に満足できた」とランス・ストロールはコメント。

「土曜日に改善する必要がある小さな部分を見ていくつもりだ。ターン8と最終コーナーが実際に改善する必要のある2つのエリアだね」

「本当にイライラするよ。プレイステーションのゲームをするといつもあのコーナーがうまくいかないし、現時点でもその2つのコーナーだ!」

「そこが土曜日の焦点だ。FP3でもう少しクルマに乗って、トラックのいくつかの部分を組み立てていかなければならない」

ランス・ストロールは、モナコのストリートでのクラッシュは学習過程の一部だと語る。

「限界を探ろうとしていたんだ。リアのコントロールを失って、ちょっと汚れた部分に出てしまった。典型的なストリートサーキットのミスだよ」

「モナコではウォールにタッチしない場合、限界ではない。少なくとも僕はプッシュしていたし、土曜日にどこにいる必要があるかはわかっているし、それを取り戻すためのFP3がある」

チームメイトのフェリペ・マッサも、それほど心配するような事故ではないと語る。

「初めてのモナコではあのようなことは起こるものだ。彼はガードレールにヒットしただけだ。ここを初めて走る多くの人がクラッシュする。モナコの洗礼と言ってもいいだろう」とフェリペ・マッサはコメント。

「ポジティブなことは、彼h今日良いラップタイムを刻んでいたことだ。彼はコンペティティブだった。知っているバルセロナのトラックよりもね」

「モナコはモナコだし、どんなミスでもセッションを終える可能性があることを理解する必要がある」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランス・ストロール / ウィリアムズ / F1モナコGP