F1 ロバート・クビサ ウィリアムズF1
ウィリアムズは、ロバート・クビサと2018年のリザーブドライバーとして契約を結んだと報じられている。

2018年のF1シートで唯一空席が残っているウィリアムズだが、ランス・ストロールのチームメイトの座は多額のロシアマネーを持ち込むセルゲイ・シロトキンが射止めたと考えられている。

フランスの L'Equipe は「決定はまもなく形式化される」と報道。

同紙はロバート・クビサが、2018年にウィリアムズのリザーブドライバーの役割を担うことになると付け加えた」

「2008年のカナダグランプリのウィナーは全てを失ったわけではない。クビサはテスtドライバーの役割をオファーされており、グランプリの金曜午前のセッションで何度か走ることこになるだろう」

2011年にラリーでの事故で重傷を負ってF1キャリアが断たれたロバート・クビサは、昨年ルノーとのプライベートテストで6年ぶりにF1マシンでの走行を実施。ハンガリーテストでルノー、アブダビテストでウィリアムズの最新F1マシンをドライブし、2018年のウィリアムズのF1ドライバー候補に浮上。しかし、アブダビテストではピレリの新しいF1タイヤへの適応に苦労していたと報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ | ウィリアムズ