ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、怪我による身体的な制限がF1復帰への希望の足かせになっていることを明らかにした。

6シーズン前、ロバート・クビサはF1で最も優秀なドライバーのひとりと考えられていた。

しかし、2011年のプレシーズン中に参戦したラリーで重傷を負い、右手と右腕の機能性が制限された。

現在、ロバート・クビサはWRCで競争的な走りをみせており、DTMテストでサーキットレースにも取り組んだ。また、定期的にメルセデスのF1シミュレーターで作業をしている。

しかし、ロバート・クビサにはもはやできなくなってしまったこともある。Welt は、右利きだったロバート・クビサは、事故以来、左手で書くことを学ばなければならなかったと報じた。

最近では、ロバート・クビサは、コーヒーを飲むのにも左手を使っている。

「制限によって、僕の人生は難しくなった」とロバート・クビサは認め、F1復帰は“不可能”だと述べた。

「今は無理だ。制限によって不可能だ。でも、いつか再びそこにいるかもしれないね」

ロバート・クビサは、唯一の問題は、前腕や手首よりもむしろ肘と肩を使うことが必要になる小さなF1のコックピットでステアリングホイールを回すことが難しいことだと述べた。。

「いくつかのトラックでは問題はないだろう」とロバート・クビサは説明する。

「モントリオールやバルセロナは好きだ。でも、モナコのヘアピンは、僕の手では簡単ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ロバート・クビサ