桜井孝太郎
桜井孝太郎が、3月3日〜4日にフランスのポール・リカール・サーキットで開催される今季第1回目のGP3公式合同テストに、名門カーリン・モータースポーツから参加することが決定した。

桜井孝太郎は、日本人最年少BMWスカラシップドライバーでヨーロッパを戦いの場として見据える16歳の若きサムライ。

昨年のシーズンオフに実施されたエストリル・テストで、チームランキング2位のステイタスGPから史上最年少、日本人初のGP3ドライブを実現した桜井孝太郎は、2011年度の参戦を前提に各チームと交渉を持ち、最終的に世界的にも有名なトップチームのひとつ、名門カーリン・モータースポーツから今回の合同テストに参加することになった。

カーリン・モータースポーツは、2001年、佐藤琢磨とともにイギリスF3権でチャンピオンに輝いたことで日本でも有名なチーム。1999年の設立からすでに185勝を挙げ、イギリスF3のタイトルを6度獲得。キミ・ライコネン、ジェンソン・バトン、ニコ・ロズベルグ、ロバート・クビサ、セバスチャン・ベッテル、ハイミ・アルグエスエアリらが、卒業生として知られている。

桜井孝太郎
「世界的に有名なカーリン・モータースポーツからGP3の合同テストに参加できることが決まって、嬉しいとともに、いい意味でのプレッシャーを感じています。チームは僕をとても暖かく迎えてくれました。チーム代表のトレバー・カーリン氏と初めて会った時は少しドキドキしましたが、逆に彼にドライバーとして認めてもらえたことを嬉しく思います。GP3は世界で30人の限られたシートですから、F3やフォーミュラ・ルノーの経験者でカーリンの門を叩いたドライバーはすごく多いと聞きました。ポールリカールに来る前日に、イギリスF3のテストを視察に行ったのですが、カーリンが上位6位までを独占していました。本当に圧倒的なまでに強いチームだと実感しました。その中でGP3ドライバーとして自分を選んでもらえたことに対して、しっかりと合同テストでパフォーマンスを発揮しなければと思っています。ガレージでシート合わせをしながら、やはり外で見ているのと、ドライバーとしてカーリン・モータースポーツの一員になるのは全然違うと感じました。ひとつひとつの動きや、アドバイスがすべて的確で、無駄がないです。GP2のエンジニアが僕の担当をしてくれることになりますが、しっかりとコミュニケーションを取って、チームにいいデータを提供したいと思います。昨年のGP3テストで学んだこと、そして今シーズンのニュージーランド遠征で学んだことをフルに出し切って、この今年最初の合同テストを皮切りに、シーズン開幕戦へむけてしっかりと準備を整えていきたいと思っています」

トレバー・カーリン
「我々カーリン・モータースポーツは、16歳の若き日本人、桜井孝太郎選手をポールリカールでのGP3テストに起用できることを大変嬉しく思っています。昨年のフォーミュラBMWでみせた彼のスピードは非常に印象的でした。とくにシンガポールやマカオといった公道レースを果敢に攻める16歳ドライバーの存在は、注目に値しました。今回のテストに参加する他のGP3ドライバーたちと比べれば、レース経験の差はとても大きなハンディではありますが、我々のエンジニアと一緒に仕事をすることで、彼の才能をどこまで伸ばすことができるか、私自身も新たな挑戦を楽しみにしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: 桜井孝太郎