ケビン・マグヌッセン 「アロンソは最高のF1ドライバーのひとり」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1キャリアで戦ったドライバーのなかで最も際立っていたのはフェルナンド・アロンソだと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが、マクラーレンをドライブした2018年を最後にF1を離れたが、最近の移籍劇で空席がルノーF1で2021年にF1復帰する可能性が盛んに報じられている。

マクラーレン時代にはサードドライバーとしてフェルナンド・アロンソとチームメイトだったケビン・マグヌッセンは「過去に予選でのミスコミュニケーションによってイタリアGPの予選セッションでフェルナンド・アロンソと戦うことになった。それは起こり得るべきではなかったけど、アロンソとの決闘は本当に難しいことだとすぐにわかった」とケビン・マグヌッセンは Autosprint に語った。

「アロンソは私が今まで見た中で最高のレーサーの1人だ。もし彼に1ミリでも与えれば、彼はすぐにそこを突いてくる」

「僕はF1で誰かとの決闘を避けようとはしないけど、F1へのエントリークラスで強いレーサーに出会ったこともある。たとえば、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタは信じられないほど強いレーサーだし、僕の意見では彼はフォーミュラ1に値するドライバーだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ケビン・マグヌッセン / フェルナンド・アロンソ / ハース