ケビン・マグヌッセン ハースF1チーム F1
ケビン・マグヌッセンは、2018年のハースF1チームのシートを喪失するかもしれないとの噂を「気にしていない」と語り、今はソーシャルメディアを見ないようにしていると語る。

ケビン・マグヌッセンは、ハースの技術パートナーであるフェラーリからプレッシャーを受けているとされている。

フェラーリは、契約ドライバーであるアントニオ・ジョヴィナッツィのための2018年のシートを探しており、ケビン・マグヌッセンと交代でハースのシートを獲得することを望んでいるとされている。

しかし、ケビン・マグヌッセンは、ハースと2018年の契約を結んでおり、そのシナリオが実現される可能性は低い。

今シーズン、ケビン・マグヌッセンは、他のF1ドライバーからしばしばドライビングを非難されており、“悪童(バッドボーイ)”という不名誉な呼び名までつけられている。

しかし、ケビン・マフヌッセンは、噂や批判は気にしていないと語る。

「しばらく前にソーシャルメディアを見ることはやめたよ」とケビン・マグヌッセンは Ekstra Bladet にコメント。

「それはかなり助けになっているね。人々が自分について何を言っていても気にしない。誰かが否定的なことを言えば、いずれにしろジャーナリストが僕に伝えてくる。でも、実際には気にしていない」

「もちろん、不人気は僕の目指すところではないけど、結果を出すためには少し肘を張らなければならないこともある」

ケビン・マグヌッセンは、F1は人気コンテストではないと語る。

「他のドライバーのなかで最も人気があることを望んでいない」とケビン・マグヌッセンは主張。

「僕にとって重要なことは、結果とスチュワードが言うことだ。今年は自分のドライビングに対して1度しかペナルティを科せられていない。つまり、僕はそれほど悪くないということだ」

「パドックに友人はいるけど、ドライバー間にはいない。でも、いずれにしろ、うまくいかないだろうし、気にしていない」

関連:フェラーリ、ザウバーへの2名のドライバー派遣を諦めず

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ケビン・マグヌッセン | ハース