ジョリオン・パーマー
ジョリオン・パーマーは、先週のバルセロナテストで、ルノーのF1エンジンと昨年使ったメルセデスのF1エンジンとの違いは明白だったと認めた。

ジョリオン・パーマーは、昨年ロータスのリザーブドライバーとしてフリー走行1回目に何度か出走し、メルセデスのF1パワーユニットを味わっている。

ロータスを買収したルノーでF1デビューを果たすジョリオン・パーマーは、ルノーとメルセデスのパワーユニットの違いについて語った。

「違いはある。メルセデス・エンジンほどパワフルではない。そう感じられる」とジョリオン・パーマーはコメント。

「その利益として、ドライバビリティはいい。ルノーのエンジンスタッフは本当によく働いてくれている。僕たちは冬の間に彼らと働いてきた」

「ルノーは開発の手順やエンジンのドライバビリティについてよく理解している。でも、現時点でのパワーについては間違いなくメルセデスに分がある」

ジョリオン・パーマーは、1回目のテストで、初日はソフトウェアの問題で37周しか走れず、2日目はターボの故障にとって42周しか走行できなかった。一方、後半2日間にテストを担当したチームメイトのケビン・マグヌッセンは、全ドライバーで3番目となる264周を走破した。

今週再開するテストの2日間では“クリーンな走行”ができることをジョリオン・パーマーは願っている。

「クルマの感触は掴んでいたところだったし、タイムは記録していなかった。そのあと、全てがストップした。残念だった」とジョリオン・パーマーはコメント。

「まったく問題はなかったのに、突然、大きな問題が発生した」

「それでも、酷かった月曜日から理解を深めるために、少なくともベースラインのセットアップ作業のようなことでクルマを走らせたのはポジティブだ。少なくともより適切なラップができたからね。でも、プレシーズンテストの半分で79周としうのは理想的ではない」

「2日間で、もっと多くの周回をこなすことを目標にしていた。来週はもっと走れることを願っている」

ジョリオン・パーマーは、ルノーがチームの所有者になったことで、今回のようなトラブルを迅速に解決できるだけのリソースが確保されることを期待している。昨年は、買収が交渉段階であったことで、ロータスとルノーの間でクルマの開発費用について折り合いがつかず、マシン開発は滞った。

「今はルノーの支援があるので、問題が発生しても、より容易に解決できる」

「チームは資金繰りに困ってはいないし、すでに解決策を探している。僕たちには大きな自動車メーカーの後ろ盾がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョリオン・パーマー / ルノー