F1 日本グランプリ
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権 第17戦 日本GPの決勝スターティンググリッドを発表した。

F1日本GPでペナルティによってグリッドが降格するのはエステバン・オコン(フォースインディア)のみ。フリー走行3回目の赤旗提示時の減速が不十分だったとして3グリッド降格ペナルティを科せられている。オコンは8番グリッドから11番グリッドに降格する。その他、パワーユニットやギアボックス交換によるペナルティは発生していない。

ポールポジションからスタートするのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番グリッドにもバルテリ・ボッタスが並び、メルセデスが今季6度目のフロントロースタートとなる。メルセデスの2台はソフトタイヤでのスタートとなる。

2列目、3番グリッドにはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、4番グリッドにはキミ・ライコネン(フェラーリ)が並ぶ。

3列目にはロマン・グロージャン(ハース)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、4列目にはブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が並ぶ。グロージャンもソフトタイヤでのスタートとなる。

F1日本GP決勝は、10月7日(日)の14時10分から行われる。

2018年 第17戦 F1日本GP 決勝スターティンググリッド

順位Noドライバーチーム予選
144ルイス・ハミルトンメルセデス1(→)
277バルテリ・ボッタスメルセデス2(→)
333マックス・フェルスタッペンレッドブル3(→)
47キミ・ライコネンフェラーリ4(→)
58ロマン・グロージャンハース5(→)
628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ6(→)
710ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ7(→)
85セバスチャン・ベッテルフェラーリ9(↑1)
911セルジオ・ペレスフォース・インディア10(↑1)
1016シャルル・ルクレールザウバー11(↑1)
1131エステバン・オコンフォース・インディア8(↓3)
1220ケビン・マグヌッセンハース12(→)
1355カルロス・サインツルノー13(→)
1418ランス・ストロールウィリアムズ14(→)
153ダニエル・リカルドレッドブル15(→)
1627ニコ・ヒュルケンベルグルノー16(→)
1735セルゲイ・シロトキンウィリアムズ17(→)
1814フェルナンド・アロンソマクラーレン18(→)
192ストフェル・バンドーンマクラーレン19(→)
209マーカス・エリクソンザウバー20(→)

F1日本GP:各ドライバーの持ちタイヤ数

F1日本GP:各ドライバーの持ちタイヤ数関連:2018年 F1日本GP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1日本GP