インディカー
2019年のインディカー・シリーズ 第11戦 トロントの予選が7月13日(土)に行われ、シモン・パジェノー(ペンスキー)がポールポジションを獲得。佐藤琢磨は10番手だった。

第11戦は唯一アメリカ国外で開催されるレースであるカナダのHondaインディ・トロント。カナダ最大の都市トロントは五大湖の一つであるオンタリオ湖畔にあり、ストリートコースは町の中心部からほど近い湖岸エリアに位置している。

ポールポジションを獲得したのはシモン・パジェノー。6分間のトップ6セッションで58秒4293をマークして今季2度目のポールポジションを獲得した。

「素晴らしい日だ。クルマは本当に素晴らしかった。今週末はシボレーエンジンが少しアップデートしていて、その効果が表れた。クルマの中ではとてもエキサイティングだった。毎周さらなる限界を見つけることを楽しんだ。素晴らしいラップだった」とシモン・パジェノーは語った。

佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)はグループ1で走行。Q1は突破したものの、Q2で敗退。最終セクションには進出することができず、決勝は5列目10番手からのスタートとなる。

「Q3に進めなくて残念す。プラクティス2で問題があったこともあり、トップ10に入って安心していますが、レースのためにもっと準備をしなければなりません。トロントは、常にエキサイティングで予測不可能なレースです。オーバーテイクできる強いマシンにして、ポジションを奪って、正しい戦略でレースに挑みたい」と佐藤琢磨は語った。

Pos.No.DriverTeamTimeSession
122シモン・パジェノーチーム・ペンスキーC58.4293Fast Six
29スコット・ディクソンチップ・ガナッシH58.5948Fast Six
310フェエリックス・ローゼンクヴィストチップ・ガナッシH58.6793Fast Six
427アレクサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポーツH58.9215Fast Six
52ジョセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキーC59.3103Fast Six
620エド・ジョーンズエド・カーペンター・レーシングC59.5353Fast Six
798マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ・オートスポーツH58.7663Top 12
818セバスチャン・ブルデーデイル・コイン・レーシングH58.7781Top 12
921スペンサー・ピゴットエド・カーペンター・レーシングC58.8221Top 12
1030佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガンH58.911Top 12
1128ライハン・ハンターレイアンドレッティ・オートスポーツH59.0444Top 12
1215グラハム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガンH59.0985Top 12
1359マックス・チルトンカーリンC59.4811Group 1
145ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH58.9293Group 2
1512ウィル・パワーチーム・ペンスキーC59.5508Group 1
1688コルトン・ハータハーディング・スタインブレナーH59.0549Group 2
1719サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシングH59.9761Group 1
1826ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポーツH59.289Group 2
194マティアス・レイストA.J.フォイト・レーシングC1'00.1853Group 1
207マーカス・エリクソンアロウ・シュミット・ピーターソンH59.6299Group 2
2131セージ・カラムカーリンC1''01.1134Group 1
2214トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシングC59.7317Group 2




このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー