インディカー 佐藤琢磨
2018年 インディカー・シリーズ 第3戦 ロングビーチの決勝が15日(日)に行われ、アレキサンダー・ロッシが優勝。佐藤琢磨は不運な接触に見舞われて21位でレースを終えた。

アメリカで最も伝統があり、人気の高いストリートレースであるグラプリ・オブ・ロングビーチが、今年も海沿いのダウンタウンに作られた全長1.968マイルのコースで開催される。

優勝はポールポジションからスタートしたアレキサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポーツ)。最多リードラップを記録する力強いレースで通算3勝目。2位にはウィル・パワー(ペンスキー)、3位にはエド・ジョーンズ(チップ・ガナッシ)が続いた。

22番グリッドからスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、一時6位まで順位を上げる。しかし、挙動を乱したライハン・ハンターレイ(アンドレッティ・オートスポーツ)を避けきれずに接触。サスペンションにダメージを受けてピットインを余儀なくされ、最終的に11周遅れの21位でレースを終えた。

2018 インディカー 第3戦 ロングビーチ 決勝 結果

PosNoDriverTeam 
127アレキサンダー・ロッシAndretti AutosportH
212ウィル・パワーTeam PenskeC
310エド・ジョーンズChip Ganassi RacingH
426ザック・ビーチAndretti AutosportH
598マルコ・アンドレッティAndretti AutosportH
61ジョセフ・ニューガーデンTeam PenskeC
714トニー・カナーンAJ Foyt Racing C
85ジェームス・ヒンチクリフSchmidt Peterson MotorsportsH
923チャーリー・キンボールCarlinC
109スコット・ディクソンChip Ganassi RacingH
1160ジャック・ハーヴェイMichael Shank Racing with SPMC
1218セバスチャン・ブルデーDale Coyne RacingH
134マテウス・レイストAJ Foyt Racing C
1421スペンサー・ピゴットEd Carpenter RacingC
1532カイル・カイザーJuncos RacingC
1659マックス・チルトンCarlinC
1720ジョーダン・キングEd Carpenter RacingC
1815グラハム・レイホールRahal Letterman Lanigan RacingH
1988ギャリー・チャペスHarding RacingC
2028ライアン・ハンターレイAndretti AutosportH
2130佐藤琢磨Rahal Letterman Lanigan RacingH
226ロバート・ウィッケンズSchmidt Peterson MotorsportsH
2319ザカリー・クラマン・デメロDale Coyne RacingH
2422シモン・パジェノーTeam PenskeC


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー