インディ500
2017年 インディカー・シリーズ 第6戦 「インディ500」のプラクティスが18日(木)に4日目を迎え、ジェイ・ハワード(シュミット・ピーターソン)がこれまでの4日間で最速となる226.744mphを記録した。

2番手にはライハン・ハンターレイ、3番手にはマルコ・アンドレッティ、4番手にフェルナンド・アロンソとアンドレッティ・オートスポーツ勢が続き、ホンダ勢がトップ4を独した。

また、佐藤琢磨(アンドレティ・オートスポーツ)は、トウなしの単独走行ではトップとなる224.734mphを記録。99周を走行して全体では9番手だった。

この日はジェセフ・ニューガーデン(ペンスキー)がターン1でコントロールを失ってウォールにクラッシュ。ニューガーデンは、検査のためにメディカル・センターに搬送されたが、幸いにも身体的な問題はなく、すぐに開放された。また、セバスチャン・ブルデー(デイル・コイン・レーシング)がマシントラブルに見舞われてストップしている。

19日(金)は、予選前の最後のプラクティスとなる“ファストフライデー”。トップタイムを記録したドライバーには賞金が贈られる。

インディ500 プラクティス4日目 動画

関連:【インディ500】 プラクティス4日目:アロンソが225mph越えで4番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: インディカー