クリスチャン・ルンガー、レイホール・レターマン・ラニガンに加入…佐藤琢磨の後任としてインディカーにフル参戦
レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLL)は、クリスチャン・ルンガーと複数年契約を締結。佐藤琢磨の後任として30号車のドライバーを務めることを発表した。

アルピーヌF1の育成ドライバーであるクリスチャン・ルンガーは、今年8月にインディアナポリスで開催された第12戦のロードコースでのレースでRLLからインディカーデビュー。予選で4番グリッドを獲得して、決勝を12位でフィニッシュしていた。

今季、ART GRAND PRIXからFIA-F2に参戦するクリスチャン・ルンガーは、現在ランキング11位につけており、F1を目指すアルピーヌ・アカデミーの他のドライバーに差を付けられていた。

クリスチャン・ルンガー
「インディカーでレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに参加できることにとても興奮している。彼らは僕がシリーズでデビューした今年の初めにとても歓迎してくれた素晴らしいチームだ。彼らはパーフェクトな選択であり、僕のキャリアの次のキャプターで殻らに参加できてうれしく思っている。8月にインディアナポリスでレースをしたときはとてもオープンマインドだったけど、その経験はもう一度やり直したいという欲求を高めただけだったし、フルタイムのプロのレーシングドライバーとしての機会を持つことは特権だ。すべてをまとめてくれたボビー、ピアス、チーム、そして投資家とアルピーヌに感謝している。2月にシーズンが始まったとき、コース上でパフォーマンスを発揮し、その信念に応える決意だ。もちろん、これは僕にとってまったく新しい挑戦であり、特に僕がこれまでに行ったことのないオーバルのレースではそうだ。僕は速い学習者だと思いたいし、この挑戦を引き受けることは素晴らしい経験になるだろう。今のところ、ハードワークをしてレースを楽しむ以外はあまり期待を持たないようにしているけど、結果が出てくれることを願っている。でも、今のところ、僕の焦点は、インディカーに完全にコミットする前に、F2選手権を終えることにある。経験を始めるのが待ちきれない」

ボビー・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング 共同所有者)
「クリスチャンが今後数年間我々に加わってくれることをとてもうれしく思う。インディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコースでの彼のパフォーマンスは確かに皆を驚かせた。彼がした仕事をすることは途方もないことであり、確かに我々の予想を超えていた。彼にもう少し時間があれば、パフォーマンスはさらに強かったと思う。チーム内の全員が非常に満足しており、ソーシャルメディアやオンラインでファンから多くの興奮とポジティブな反応を生み出し、パドックで前向きな話題を呼んだ。知らない人もいるかもしれないが、彼は食中毒を患っていたので、その日は100%だと感じていなかったが、それでも週末は素晴らしかった。クリスチャンとの長い関係を楽しみにしている。彼はすぐにチームとうまく調和する素晴らしい青年であり、我々全員が、一緒に何ができるかについて興奮している」

マイク・ラニガン(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング 共同所有者)
「チームは、2022年シーズンからクリスチャンを迎えることに非常に興奮している。 グラハムとジャックとの現在のラインナップへのクリスチャンの追加は、チャンピオンシップを競っている我々のチームを次のレベルに引き上げると信じている」

デビッド・サルターズ(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント 社長兼テクニカルディレクター)
「クリスチャンは、今年初めのインディカーデビューで、レイホール・レターマン・ラニガンとのIMSロードコースで我々全員に感銘を与えた。 インディカーの『ユース・ムーブメント』とF2およびF1プログラムからのハイクオリティな才能の移行を見るのは素晴らしいことだ。ホンダの視点から見ると、非常に競争の激しい分野でインディカーの上昇軌道を見ることができてうれしい。我々は競争を通じて自分自身に挑戦するために競争しており、これを楽しんでいる。クリスチャンが2022年にNTTインディカーシリーズで発展し続け、パフォーマンスを発揮するのを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / インディカー / 佐藤琢磨 / アルピーヌ