ニコ・ヒュルケンベルグ 「ハースF1にとって簡単な決定ではなかったはず」
ニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームにとって3年間レースを離れていた自分を起用することは“簡単な決断ではなかった”と考えている。

ニコ・ヒュルケンベルグは、2019年にルノー(現在のアルピーヌ)でフルタイムでレースを行った後、レーシングポイント(現在のアストンマーティン)でリザーブドライバーを務めた。これには、2022年の最初の2レースを含む5回の代役出場が含まれていた。

ニコ・ヒュルケンベルグは、再びF1レースに戻ってきたことを喜んでいることを認める.

「いい感じだ。それを達成できたことをうれしく思う」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「3年ぶりに戻ってくるのは簡単なことではない。過去にそれを達成したのはビッグネームとワールドチャンピオンだけだと思うので、とても嬉しく、誇りに思っている」

「3年が経ち、20件のオファーがテーブルに並んでいたわけではない。ハースのことは見ていたし、実際に何年も前にギュンターとジーン(ハース)と話し、交渉していたので、そこにはすでに何らかのつながりがあった」

「今年の初めは復帰を想像するのは難しかった。4月か5月頃だと思うけど、あまり考えていなかったし、可能性は低かったと思う。それから夏が来て、物事はある意味で変化し、明らかに僕にとってポジティブな方向に進展した」

ハースF1チームとのパートナーシップがどのように生まれたかを質問されたニコ・ヒュルケンベルグは「いつものように、それは会話から始まる。夏頃だった。可能性と機会があるかどうかを確認するために、ギュンターと話し合った」とコメント。

「そして、シーズンが終わりに近づくにつれて、議論はより激しく、より深刻になった。そして、最終的にレースに戻りたいと思っていた。またドライビングシートに座りたかった。彼らはチームの変化を望んでいたので、僕たちの関心は一致した。そして、僕たちはここにいる」

ハースF1チームは、2022 年のコンストラクターズ チャンピオンシップで 8 位に終わったが、2021 年の無意味な年の後、進歩を見せた。ニコ・ヒュルケンベルグは、チームが 2023 年にさらに良くなる明らかな可能性があると信じている。

2023年のハースF1チームにポテンシャルがあるかどうか質問されたニコ・ヒュルケンベルグは、「そう思う」と語った。

「昨年、2021年はハースにとって厳しい年だったと思う。 彼らは今年、はるかに強力で、はるかに強力な結果を出した。でも、僕たちにはもっとうまくやれるポテンシャルがまだあると思う」

「もちろん、それが僕とケビン(マグヌッセン)の仕事であり、チーム全体にとってこのチームを前進させるが仕事だ。当然のことながら、翌年は前年よりも良い結果を出したいと常に思っている...僕たちは明日から始まり、旅は一緒に始まる。ここで、ここから一緒にチームを作っていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース