ニコ・ヒュルケンベルグ 「ミック・シューマッハに申し訳なさは感じない」 / ハースF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグは、来年ハースF1チームでケビン・マグヌッセンのチームメイトになることについて「まったく心配していない」と主張しえいる。

35歳のニコ・ヒュルケンベルグは2023年、同じドイツ人のミック・シューマッハの後任としてF1に復帰する。だが、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーはミック・シューマッハに厳しすぎたと考える人もいる。

「ギュンターはギュンターだ。それが彼のマネジメントスタイルだ」と来年ミック・シューマッハをリザーブドライバーとして受け入れる可能性にオープンだとしているメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは語る。

「彼は空気が薄い山の出身だ。常によく考えることができるとは限らない」とトト・ヴォルフは冗談交じりに語った。

「それはオーセンティックであり、このスタイルが機能することを私は見てきた」

しかし、プレッシャーに対処するのに苦労しているように見えたミック・シューマッハにとってはうまくいかなかった。

「ハースの決定は私にとって非常に理解できる」とクリスチャン・ダナーは Sport1 に語った。「日曜日を見てほしい。また不必要なミスだった」

「ハースのような小さなチームにはそんな余裕はないと言わざるを得ない。明らかにチームを変える時だったと思う。なぜなら、彼らは明らかにお互いを少し悩ませていたからだ」

ミック・シューマッハは「機会があればそれをつかむことができるよう」に1月と2月に「ルーチンを維持する」ことを誓っている。

「僕の頭の中では、早くて2023年ではないにしても、どうすれば2024年に復帰できるかをすでに考えている」

ミック・シューマッハの後継者であるニコ・ヒュルケンベルグは、グリッドでわずか 2 シーズンしか活躍していない若いドライバーを F1 から追い出すことについて、申し訳ないという気持ちないと主張した。

「僕たち皆、キャリアのために戦っている」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「多くのドライバーが、より経験豊富な別のドライバーに取って代わられた。2年だろうと10年だろうと関係ない。それがF1のやり方だ」

「レースをするときは、自分のパフォーマンスでチームを納得させなければならない」

「そして、成果を上げなければ、チームが交代する。それはエンジニアや他のすべての従業員も同じことだ」

ニコ・ヒュルケンベルグは来年、30 歳のケビン・マグヌッセンとペアを組むことになるが、2017 年の悪名高い『俺のXXをしゃぶれ(suck my balls)』のやり取りの後、丸 5 年間話していなかったドライバーだ。

「今年の初めに氷を溶かした」とニコ・ヒュルケンベルグは主張する。

「バーレーンでまさに正確な言葉で彼に挨拶し、僕たちは二人とも大笑いした。それはずっと前のことだ」

「僕たちは二人とも年を取り、より成熟し、今では二人とも父親であり、F1の休暇の後に戻ってきた。いくつかの類似点がある。最高のおむつブランドについて話すことさえできる!」

「僕たちはお互いをリスペクトしている。僕たちに何が期待されているかを知っている。実際に困難は予想してない」

ギュンター・シュタイナーとの付き合い方について、ニコ・ヒュルケンベルグは「彼は自分を持っている男だ。僕と同じようにね!」と微笑んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース / ミック・シューマッハ