ニコ・ヒュルケンベルグ 「今季のアストンマーティンF1は最も不利」
アストンマーティンF1のリザーブドライバーであるニコ・ヒュルケンベルグは、チームが今シーズンの残りの期間ではるかに競争力を高めることができるかどうかを疑問に思ってる。

2020年、アストンマーティンF1の前身レーシング・ポイントは、コンストラクターズ選手権を4位で終え、15ポイントのペナルティがなければ3位も可能だった。彼らはまた、セルジオ・ペレスがバーレーンでのF1サヒールGPで勝利を挙げている。

しかし、今季は、チームオーナーの息子ランス・ストロールのチームメイトとして4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを獲得したものの、ハイライトはほとんどなかった。F1アゼルバイジャンGPでのセバスチャン・ベッテルの2位フィニッシュは、アストンマーティンF1のこれまでのベストリザルトとなっている。

ハルケンベルグは、アストンマーティンが通常そうであるように、中盤の真っ只中にいることは一般的には良いことだと考えています。取得する。

ニコ・ヒュルケンベルグは、メルセデスF1にも影響を与えた今年の空力レギュレーションの調整によってアストンマーティンF1が最も被害を受けたと考えている。それでも、2022年の大幅なF1レギュレーション変更により、すべてのチームで2021年マシンの開発作業が大幅に縮小されたことを考えれば、ミッドフィールドの真ん中に留まっているのは悪くはないと語る。

「アストンマーティンはメルセデスと同じローレーキのコンセプトに従い、他のほとんどのチームとは異なる空力哲学を採用している」とニコ・ヒュルケンベルグは RTL に語り、アストンマーティンF1の2人は「最も形勢が不利だった」と続ける。

「同時に、彼らは来年の大きなルール変更に備える必要がある」とし、アストンマーティンF1のパフォーマンスは今シーズンは「それほど変わらない」だろうと知受け加えた。

セバスチャン・ベッテルは、チームを移籍したドライバーと比較して、特に困難なスタートを切ったが、F1モナコGPでのパフォーマンスを向上させ、ルイスハミルトンに先んじて5位でフィニッシュし、アゼルバイでは2位表彰台を獲得した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、4度のF1ワールドチャンピオンの初期の闘争に「少し驚いた」と述べ、セバスチャン・ベッテルについては「彼がマシンを理解し、実際に乗り込むのに本当に時間がかかった」とし、バクーでの表彰台は「メガハイライト」だと表現した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / アストンマーティン