ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグが、2011年にフォース・インディアのリザーブドライバーとして契約したことが正式発表された。

2010年にウィリアムズでF1デビューを果たし、F1ブラジルGPではポールポジションを獲得したニコ・ヒュルケンベルグだが、2011年のシートは豊富な資金を持ち込むベネズエラ人ドライバーのパストール・マルドナドに奪わた。

フォース・インディアは26日に記者会見を開催。エイドリアン・スーティルとポール・ディ・レスタをレースドライバーに起用するとともに、ニコ・ヒュルケンベルグとリザーブドライバー契約を結んだことを発表した。

ニコ・ヒュルケンベルグは「F1チームに在籍できることを嬉しく思っている。フォース・インディアは、若いチームとして順調な進歩を示してきた」と述べた。

関連:
フォース・インディア、ポール・ディ・レスタの起用を正式発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ヒュルケンベルグ | フォース・インディア