ニコ・ヒュルケンベルグの2019年09月のF1情報を一覧表示します。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンは抑えるには速すぎる」

2019年9月29日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「フェルスタッペンは抑えるには速すぎる」
ルノーF1チームのニコ・ヒュルケンベルグは、F1ロシアGPの決勝でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを抑えるのは難しいだろうと認める。

4番手で予選を終えたマックス・フェルスタッペンはエンジン交換による5グリッド降格が決定しており、7番手で予選を終えたニコ・ヒュルケンベルグはフェルスタッペンよりも前からレースをスタートすることになる。

ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定

2019年9月28日
ニコ・ヒュルケンベルグ、フォーミュラEチームと契約の噂を否定
ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年にむけてフォーミュラEチームと契約を結んだとの噂を否定した。

ルノーのF1シートを失うことが決まっているニコ・ヒュルケンベルグだが、アルファロメオ・レーシングやウィリアムズのシートを獲得する可能性は低いとみられている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?

2019年9月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ、もはやフォーミュラE転向も避けられず?
ニコ・ヒュルケンベルグは、もはやフォーミュラEへの転向を完全に除外できない状況になっている。

来季のルノーのF1シート喪失が決定したニコ・ヒュルケンベルグは、フォーミュラE転向の可能性について「まったくエキサイティングではない」と語っていた。

しかし、それ以降、濃厚とみられていたハースF1チームへの移籍が消滅。アルファロメオ・レーシングとレッドブルという選択肢も可能性が低くなっている。

ニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンのインディカー参戦オファーを拒否

2019年9月22日
ニコ・ヒュルケンベルグ、マクラーレンのインディカー参戦オファーを拒否
ニコ・ヒュルケンベルグは、マクラーレンからのインディカー参戦のオファーに断りを入れた。

マクラーレンは、2020年から『アロー・マクラーレン・レーシングSP』とフル参戦。ドライバーはまだ決定しておらず、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1シート獲得の見込みが薄れているニコ・ヒュルケンベルグにオファーしたが、交渉は失敗に終わったことをシンガポールで明らかにしていた。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルから連絡を拒否された」

2019年9月21日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ 「レッドブルから連絡を拒否された」
ニコ・ヒュルケンベルグは、今シーズンにレッドブルにコンタクトを取っていたが、ある時点で連絡しないよう伝えられたことを明かした。

ルノーのシートを失うことが決定しているニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1シート移籍が確実視されていたが、ハースはロマン・グロージャンの続投を決断。F1界に驚きを与えた。

レッドブルF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグの加入は想像しがたい」

2019年9月21日
レッドブルF1代表 「ニコ・ヒュルケンベルグの加入は想像しがたい」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、来季のシートが決定していないニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・ホンダやトロロッソ・ホンダに加入することを“想像しがたい”と述べた。

ルノーがエステバン・オコンと契約したことでシートを失うことになったニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームとの契約が目前だと報じられていた。しかし、ハースはロマン・グロージャンと再契約。ヒュルケンベルグの2020年の選択肢はほとんどなくなった。

ニコ・ヒュルケンベルグ「レッドブルからオファーがあればノーとは言えない」

2019年9月20日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ「レッドブルからオファーがあればノーとは言えない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、レッドブルから2020年のF1シートのオファーがあれば“ノーとは言えない”と語る。

ルノーがエステバン・オコンと契約したことでシートを失うことになったニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームとの契約が目前だと報じられていた。しかし、ハースはロマン・グロージャンと再契約。ヒュルケンベルグの2020年の選択肢はほとんどなくなった。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1での将来は自分の手の及ぶものではない」

2019年9月20日
F1 ニコ・ヒュルケンベルグ 「F1での将来は自分の手の及ぶものではない」
ニコ・ヒュルケンベルグは、F1での将来について自分にはもうカードはないと主張するが、2020年にF1グリッドに残るための現実的なチャンスはまだ存在すると考えている。

ルノーにF1シートを失うことになったニコ・ヒュルケンベルグは、ハースF1チームに移籍することになると多くの人々が考えていたが、ハースF1チームは9月19日(木)に2020年のケビン・マグヌッセンのチームメイトとしてロマン・グロージャンを続投することを発表。そのドアは閉められた。

ハースF1チーム 「ヒュルケンベルグに正式なオファーは出さなかった」

2019年9月20日
ハースF1チーム 「ヒュルケンベルグに正式なオファーは出さなかった」
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2020年のチームメイトとしてニコ・ヒュルケンベルグではなく、ロマン・グロージャンを継続することを選んだ理由を説明した。

ハースF1チームは2019年にパフォーマンスが大幅に低下しており、特にロマン・グロージャンはレース週末にミスが多発していた。また、ニコ・ヒュルケンベルグのルノー離脱が決定したことで今シーズン限りでグロージャンがシトを喪失すると多くの人々が考えていた。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム