ホンダF1、“新骨格”エンジンのコンパクト化にはエクソンモービルも貢献
レッドブル・レーシングの燃料サプライヤーであるエクソンモービルは、ホンダF1のコンパクトな“新骨格”エンジン『RA621H』、そして、RB16Bのタイトなリアのパッケージングに同社のプロダクトが寄与していると自信をみせる。

F1チームがそれぞれのパッケージから最大のパフォーマンスを引き出そうとするなか、F1での燃料でのゲインはより重要なものとなっている。

F1は、コスト削減とエンジンサプライヤー間の収束を望んでおり、近年、燃料およびパワーユニットの開発を抑制している。2020年は燃料のアップデートは許可されなかったが、2021年には各サプライヤーには1回のアップデートが許可される。

広く注目されるのはシャシーとパワーユニットの開発だが、燃料もF1チームのパフォーマンスを最適化し、生のパワーを支援して効率を高め、エンジンと冷却の仕様を変更できるため、新しい設計パスを促進する可能性がある。

F1バーレーンGPに先立ち、レッドブル・レーシングの燃料および潤滑油サプライヤーであるエクソンモービルは、ホンダF1のRA621Hパワーユニットのためのアップデートを発表。大幅なゲインをもたらしたとの自信を表明しました。

「通常、新しいエンジンが導入されるたびに、我々は新しい燃料を一緒にもたらします」とエクソンモービルのトラックサイド技術者であるショーン・ダネットは MotorsportWeek に説明しました。

「エンジンに合う燃料を見つけるのは簡単なことではありません。昨年の中盤から冬にかけての開発サイクルとなります。我々は最大10種類の燃料を日本のホンダに送り、それらをテストして承認を得て、新しいホンダエンジンに絶対的なパワーを与えるものを見つけ出します」

「我々は燃料で可能な限り最高のエネルギー密度を手に入れようとしています。それを達成して本当に強力な燃料を手に入れることができれば、チームがマシンをパッケージングする方法を明らかに助けることができます」

「そこにある燃料を制限し、ホンダがパワーユニットのサイズを縮小し、エンジンの冷却方法に影響を与えることができれば、ボディワークに影響を与えることができる。RB16Bは前年度と比較して後方にむかって非常に狭くパッケージングされていることがわかります」

「燃料のアップグレードは1回しか許可されていないため、パワー、パフォーマンス、耐久性、そして3000〜4000kmのエンジンのケアをする能力を提供するというプレッシャーがかかっています」

F1パワーユニットは、2014年仕様のユニットから現在の仕様まで1ラップあたりの秒数が速くなる程度まで開発された。その改善と段階的な収束は、誰もがますます制限されたリターンの範囲内にあることを意味する。

「燃料、エンジン、マシンを一体として見れば、パートナーシップは大きな利益をもたらしました」とショーン・ダネットは説明する。

「明らかに利益がわずかであるため、今ではますます難しくなっています。その作業の1年目、2年目、3年目に見られた大きな利益を見つけるのは難しいです」

「レッドブルとホンダは、それがレッドブル、ホンダ、我々からの開発であるかどうかにかかわらず、それらのわずかな利益を見つけるために、我々にさらに依存すると思います。我々は皆、可能な限り最高のパッケージを提供するためにお互いに依存しています」

だが、すでに焦点は2022年に向けられている。2022年から燃料は、現在の5.75%から10%の持続可能なエタノールが含まれている必要があり、ホンダが2021年にF1から撤退することで長期的な決定も必要となる。

「過去数年間に得た多くの学習がすべて再開され、ルールブックはエタノールの10%に増加することでリセットされています」とショーン・ダネットは説明する。

「それはより少ない燃料から得られるエネルギー密度とパワーという点で私たちに挑戦を提供します。そこには明らかに克服しなければならないパワーの欠如がありますが、他の分野でも活用できると思われる利益もあります」

「最高の燃料を提案できるかどうかは我々次第です。来年は燃料開発の方法でさらに多くのゲインが得られると思っています。レッドブルは、彼らが予想する最初の電力低下を克服するのを手伝ってくれることを我々に期待しています」

「2025年に向けては、当然ながら、FIAはエンジンサプライヤーが同意しないルールを設定することはできません。そして、燃料サプライヤーのための議題がなければなりません。エクソンモービルの議題は、それを商業的に保つことが非常に重要です。多くの燃料サプライヤーは、商業的利益のためという点で足並みをそろえていますし、全員がガイドされたルール、当然ながら、持続可能な感覚を念頭に置いたものを見たいと思っています。」

「合成燃料の検討、燃料中のエタノール含有量を上げることなど、燃料をこれまで以上に持続可能にするためにヨーロッパ内から来る圧力を避けられると考えるのはナイーブだと思います。検討するべきことはたくさんありますが、2025年以降の様子からはかけ離れていると思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル