アウディのF1参入への関心がレッドブルとホンダF1の合意の妨げに?
レッドブルとホンダF1は2021年以降の計画について合意に達したと考えられているが、Auto Motor und Sport は、アウディのF1参入への関心が交渉の妨げになっていると報じている。

レッドブルは、2021年限りでF1から撤退するホンダからF1エンジンに関する知的財産権を取得して独自にエンジンプログラムを運用する計画を立てている。

しかし、 Auto Motor und Sport は、アウディが新しいF1レギュレーションの下で、2025年からF1エンジンメーカーとして参入することに興味を持っていることがレッドブルとホンダとの交渉の妨げになっていると報道。

アウディのF1参入が事実だとすれば、レッドブルはアウディにとって明らかにコラボレーションのパートナーとなる。

報道によると、ホンダは、彼らの情報がサードパーティや将来のエンジンパートナーの手に渡る可能性に懸念を抱いているという。アウディがレッドブルのパートナーとなった場合、その情報はアウディの手に渡ることになるためだ。

一方、F1は来週、将来のエンジンの方針について決定する予定であり、その結果はレッドブルの希望通りに進む合うと予想されている。

報道によると、2月11日に実施されるF1コミッションの会議で、新たなF1エンジン規則の導入は2025年に前倒しされ、それまでの間、2020年からのエンジン開発を凍結する投票される実施されるとされている。これは、ホンダのF1撤退にとってレッドブルがロビー活動を行っていることだ。

エンジン開発の凍結により、レッドブルは法外な費用をかけることなく、ライバルメーカーのメルセデス、フェラーリ、ルノーとの競争力を維持することができる。

それにもかかわらず、エンジン凍結と規制の組み合わせにより、わずか数年後に新しいメーカーがスポーツに参入することは、レッドブルにとって朗報にすぎない。

また、Auto Motor und Sportは、エンジン凍結の前に“性能調整”について議論されるという。メルセデスはF1エンジン開発の凍結に前向きな姿勢を見せているが、フェラーリはF1エンジンの性能調整を条件としており、それにはメルセデスが反対。交渉は行き詰まっている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、エンジン性能を人為的に調整することは「F1のDNAに反する」と述べている。

トト・ヴォルフは、コンストラクターとしてレッドブルを維持することの重要性を認識しており、「それが基本的に凍結を求めている理由だ」と語っているが、以前に“コンバージェンス”と呼ばれていたエンジン性能を均等化するという概念に根本的に反対している。

「すべてに適合する単純な式を導入することは不可能であり、それはメルセデスが推奨するものではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル / アウディ