ホンダF1 「開幕戦にむけてエンジンのスタート問題は解決した」
ホンダF1は、2020年のF1世界選手権の開幕にむけて昨年のF1エンジンが抱えていた最大の問題であるスタート問題は解決したと確信していると語る。

昨年、ホンダF1はシーズンを通して大きな進歩を果たした。レッドブルとアルファタウリはホンダのF1エンジンについて不満をいうことはなかったが、複数回エンジンに不具合が出た領域が1つある。それはスタートだ。

しかし、2020年のF1世界選手権の開幕を数日後に控え、ホンダF1はスタートの問題はもはや過去のものになると確信している。昨年のF1オーストリアGPではマックス・フェルスタッペンが優勝したものの、フロントローからのスタートで大きく後退している。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は「レースのスタートはもちろん非常に重要です。ポールポジションにいる場合、再びそれを失ってしまうことになります」とコメント。

「したがって、昨シーズン、我々はそのエリアのエンジンの性能を改善するために懸命に取り組んできました。今ではスタート手順がスムーズに実行されると確信しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル