ホンダF1 特集
ホンダの2019年のF1パワーユニットは、レッドブルとの成功したシーズンにとって重要なポイントだった。

ホンダのF1エンジンは今シーズン3勝を挙げた。F1オーストリアGPでのマックス・フェルスタッペンよる優勝は、ホンダにとって、2006年のハンガリーGP以来13年ぶりの勝利となった。

ホンダF1は、2019年に3回のアップデートを実施するというアグレッシブな戦略を採った。それはパフォーマンスと信頼性と同時に、レッドブル・ホンダ RB15の空力改善にも貢献した。

以下のジョルジオ・ピオラの画像は、レッドブル・ホンダRB15におけるホンダのF1エンジンのレッドブルのレイアウトを詳しく説明している。
ホンダF1 2019年 F1エンジン
何年もの間、オーバーヘッドの吸気口は純粋にエンジン吸気システムに使用されてきたが、ホンダはラジエーターの冷却にもその吸気口(1)を使用することを許可した。

ラジエーターシステム(2)の一部をエンジンの上に置くことにより、チームはサイドポッド(ラジエーターが通常格納される場所)をはるかに小さくすることができる。

ただし、吸気口は、エンジンの吸気システムを通過する前に、タービンで駆動されるコンプレッサー(3)に空気を取り込むためにも使用される。

ポイント(4)、(6)、および(7)は追加のインレッドを介してサイドポッドにリダイレクトされる。

(8)と(9)には冷却用のインでっと。レッドブルは(8)の機能についてコメントしない。

内燃エンジンは、シャーシの応力部材として使用されるため、(5)で示されるように、非常に堅牢な取り付けポイントを備えている。

トロロッソの吸気システムはわずかに異なる。また、エンジン上部の車“オーバーヘッド”ラジエーターは備えているが、吸気口はコンプレッサーと冷却を供給するために3つの異なる部分に分かれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダF1 / レッドブル