F1 ホンダF1
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、2019年のホンダのF1パワーユニットのパフォーマンスはルノーよりも優れていると自身をみせる。

ホンダは、第4戦F1アゼルバイジャンGPで“スペック2”エンジンを投入。先週末のF1スペインGPでは、マックス・フェルスタッペンが今シーズン2度目の3位表彰台を獲得するなど、強力なパフォーマンスを発揮している。

「レッドブルとトロロッソの助けもあり、現時点では我々はルノーよりも良い状態にあると思っています」と山本雅史は Speed Week にコメント。

「ですが、彼らをはるかに上回っていると思っています」

ホンダはその状況を抜け出したいと思っており、次のアップグレードを夏に導入するべき開発を進めている。

「信頼性を高いレベルで維持しながらパワーを増加させるために懸命に仕事をしていかなければなりません」と山本雅史はコメント。

「そのためには多くの開発が必要ですが、そうしなければキャッチアップするのは困難です。

山本雅史は、ホンダは開発予算に“慎重”に取り組んでいるが、最終的に再び勝利を挙げるという野望を諦めるつもりはないと語る。

「ホンダにとって目標は常に勝つことです」と山本雅史は続ける。

「ここまでは馬力と信頼性のバランスをとることに集中してきました。今の我々には間違いなくもっと多くの馬力が必要だと思います」

「そのためには集中して改善を続けていく必要があります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1