F1 ホンダF1
ホンダF1は、2019年のF1世界選手権の目標として、F1エンジンの序列でルノーを上回って3番手の地位を確立させ、シーズンを通してメルセデスとフェラーリを捕えることに定めている。

現在のV6ターボハイブリッド時代に突入した1年後の2015年にF1復帰したホンダは、F1パワーユニットの勢力図で4番手に甘んじてきた。

マクラーレンとの3年間では信頼性とパフォーマンスを向上させることに苦労したホンダだったが、昨年はトロロッソとのパートナーシップで強力な進歩を果たし、レッドブル・レーシングにルノーからホンダへと乗り換えさせることを決意させた。

レッドブル・レーシングは、すでにホンダのF1パワーユニットがルノーの性能を上回っていると宣言している。

ホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史は2018年の開発を踏まえ、2019年シーズンをどの位置からスタートできる考えているかと質問に対し、「我々は冬の間に多大な努力をしていきますし、もちろん、これまでもそうしてきました」と Autosport にコメント。

「少なくともマニュファクチャラーの中で3番手からスタートしたいと思っています。そして、シーズンを通してフロントランナーに追いつきたいです」

ホンダはまだ信頼性を改善させることに取り組んでいるが、2019年シーズンが開幕するまでにさらなるパフォーマンス向上を果たせると楽観視している。

だが、ホンダとレッドブルのどちらも2019年に完璧な信頼性を達成できるとは考えておらず、シーズン中のどこかの時点でどちらも戦略的なエンジン交換を実施してグリッドペナルティを受けることになると公言している。その代わりに、ホンダは望んでいたよりも進歩に時間がかかったことで、より速いペースでメルセデスとフェラーリとのギャップを縮めることに焦点を置いている。

「我々はあまり特定のタイムについては言いたくはないですが、メルセデスとフェラーリはルールのグレーな領域に関する知識をたくさん持っており、まだ我々の前にいます」と山本雅史はコメント。

「しかし、4年間の開発と努力の結果、我々は今、正しい方向性、どこに進むべきかを見い出していると思っています。昨年、もしくは2年前よりもはるかに明確になっています。ですので、我々は開発のスピードを上げていけると考えています」

ホンダは2018年に2回のエンジンアップグレードを投入し、その両方がパフォーマンス向上をもたらした。しかし、2回目のアップグレードとなる“スペック3”エンジンでは、当初は耐久性を犠牲にして開発を進めたこともあり、ギアボックスとのオシレーション(共振)の問題に苦戦を強いられることになった。結果として、ピエール・ガスリーは、シーズン最終戦となるF1アブダビGPでオイル漏れに見舞われている。

ホンダは、2019年にむけて過去2年間で採用してきたエンジン設計を進化させることを選択しており、それらの問題が繰り返されることはないと考えている。

ホンダは、まだ現行のエンジン設計には未開発のポテンシャルがあると感じており、このエンジン時代で初めて同じエンジンコンセプトでの3年目をスタートさせる準備を整えている。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、昨年11月のアブダビGPで「実を言うと、我々はまだコース上で最新仕様から学んでいるところです」と述べていた。

「それは必ずしも良いことではありませんが、ダイナモですべてのことを理解するのは少し難しいです。だからこそ、我々はエンジニアはここにいるんです。我々は開発の一部です。さくらとこことの間で多くのことをフィードバックしています。最新仕様には開発間でやりときですことがたくさんあります」

ホンダの2019年F1パワーユニットでは予選アタックで追加のパワーブーストを得ることができる“パーティモード”と呼ばれているセッティングが可能になるとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1