F1 本田技研工業 レッドブル・レーシング トロロッソ
ホンダF1は、2019年にレッドブル・レーシングにF1パワーユニットを供給する可能性に口を閉ざしている。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとの契約を終了する可能性があることを公にしており、2019年から姉妹チームの新たなパートナーとなってホンダにF1パワーユニットを変更するとの推測が高まっている。

ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は「トロロッソは新しいアイデアにオープンですし、我々の意見を注意深く聞いてくれます」とコメント。

「我々は一緒に目標を達成するために懸命に作業している」

そのような状況のなか、レッドブル・レーシングが2019年にホンダのF1エンジンを使用する条件として、ルノーと同等のパフォーマンスを達成することをホンダに伝えたとも報じられている。

しかし、レッドブル・レーシングとの交渉の進捗について質問された田辺豊治は「今シーズン、そして、トロロッソとのテクニカルパートナーシップに集中しています」と Auto Hebdo にコメント。

「それ以外に関しては、ホンダのトップマネジメントが決定します」

トロロッソは、年間3基のエンジンルールにとらわれず、クルマのスピードを上げようとするホンダのスタンスに満足していると語る。

トロロッソのチーム代表フランツ・トストは「他チームはシーズン毎に2~3回のメジャーアップデートを行う。我々は異なる哲学を追及している」と語った。

ホンダF1は、6月のカナダGPもしくはフランスGPのどちらかで40馬力のパワーアップを実現するアップグレードを投入すると報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1