ホンダ F1
ホンダは、他のF1チームとエンジン供給についての交渉を行っていることを認めた。

ホンダは、2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰。だが、ホンダのF1エンジンは競争力を見せておらず、今年もプレシーズンテストから新型F1エンジンに問題が多発し、大きなチャレンジを迎えている。

今月には、マクラーレンがホンダの状況が改善しない場合のためにメルセデスにエンジン供給の可能性について打診したと報じられた。

しかし、マクラーレンとホンダは、お互いに完全にコミットしていると主張している。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、ホンダが他チームとエンジン供給について交渉していることを初めて認めた。

「もちろん、第2のチーム、第3のチームにむけて会話をしていますが、まだ何もフィックスしていません」と長谷川祐介は土曜日にメルボルンでコメント。

一方、マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、マクラーレンがメルセデスにパワーユニットを戻すことを検討しているとの噂を軽く扱った。

情報源によると、メルセデスとの交渉は実際に行われたとされているが、エリック・ブーリエは詳細について口を閉ざしている。

「噂は噂だ。我々のパフォーマンス、特にテストセッション中のパフォーマンスがそのような噂を作り出したんだと思う。いいや、そのようなものはない」とエリック・ブーリエはコメント。

「もちろん、我々は回復し、キャッチアップするためにあらゆるオプションを検討している。我々が期待し、望んでいるポジションにいないのは確かだ」

「なので、我々はホンダと共にそれに懸命に取り組んでいる」

「テストが良くなかったのは明らかであり、今日の我々のペースも十分に良くはなかった。だが、我々は一緒に取り組んでいる」

パワーユニットサプライヤーの変更にはどれくらいの期間がかかるかと押されたエリック・ブーリエは「その種の議論にコメントするつもりはない。それはプライベートな議論だ」とコメント。

「我々はホンダといるし、あらゆるオプションをカバーしなければならない。そういうことだ。我々が伝えられることは・・・実際には何もない」

長谷川祐介も同じようにコメントを控えている。

「私も同じです。噂は噂に過ぎません」

「もちろん、冬季テスト後はチームやドライバーから強いプレッシャーがありました。我々は引き続き改善に努めています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダF1