ホンダ フォーミュラE
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、ホンダが将来的にフォーミュラEに参戦する可能性があることを示唆した。

F1オーストリアGPの週末、長谷川祐介は、フォーミュラEについて“調査を進めている”ことを明らかにしていた。

しかし、長谷川祐介は「これまでのところ、短期的にフォーミュラEに参戦する経験はありません」と強調。

「もちろん、フォーミュラEに加わる可能性はあります。会社内にはフォーミュラEにも参戦したがっているメンバーもいます」

「技術的には面白いですが、レースという観点ではまだ魅力的ではありません」

F1と同時にフォーミュラEのプログラムにも専念することができるかと質問された長谷川祐介は、財政面よりも、むしろ人員の問題だと述べた。

「活動について研究している際、予算的にはこれまでのフォーミュラEはF1よりもだいぶ低いです」と長谷川祐介はコメント。

「予算的な観点では可能です。しかし、それをするためのエンジニアを揃えることの方が難しいです」

フォーミュラEは、日産やBMWも参戦を検討しているとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ | フォーミュラE