ホンダ
ホンダが、2014年にむけて極秘でF1プロジェクトを進行していると噂されている。

ルノーは、25日(月)に2014年の新しいV6ターボ“パワーユニット”を公開。ルノースポーツのジャン・ミシェル・ジャリニエール社長は、2014年の規約により、より多くのエンジンメーカーが参入すると確信していると述べた。

今後我々のカスタマーの数は減少していくだろう」とジャン・ミシェル・ジャリニエールは motorsport-total.com にコメント。「より多くの競争相手がいるからね」

2008年末にF1から撤退したホンダが、その競争相手である可能性がある。

Speed Week は、元フェラーリのエンジン責任者を務めたジル・シモンが、すでにホンダで作業をしている可能性があると報道。

フェラーリを去ったあとにジル・シモンはFIAで働いていたが、その後クレイグ・ボロックが率いるPUREのために2014年のV6ターボエンジンを設計していた。

しかし、PUREのプロジェクトは失敗に終わり、新たにジル・シモンがホンダのためにF1エンジンに取り組んでいるとの関係者のコメントを Speed Week は伝えている。

過去にホンダがF1の拠点としていたブラックリーのファクトリーは、現在メルセデスAMGが使用している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ホンダ