ヒスパニア・レーシング
ヒスパニア・レーシングは、2011年マシンの開発に協力する技術契約を締結する間近だと報じられている。

バーニー・エクレストンは、ヒスパニア・レーシングが2010年の存続さえも危ういと発言しているが、チーム代表のコリン・コレスは財政的な困難を否定。

コリン・コレスは、ヒスパニア・レーシングが直面している最大の問題は競争力であり、2010年に存続できるだけなく、2011年はもっと良い状態にあるだろうと断言している。

ヒスパニア・レーシングは、ダラーラとの契約を解除し、2011年はシャシーを独自設計するが、コリン・コレスは、風洞プログラムを含めて来期マシンの開発のために技術的な契約が最終段階にあることを明らかにした。

「新チームには予想されていたことだが、我々に十分な競争力がないのは確かだ。我々は将来のために解決策を見い出さなければならなない」とコリン・コレスはコメント。

「しかし、我々はポジティブだし、バーニーは良い将来を確保するのを手伝ってくれている」

「チームはシーズンを終えられるし、我々はすでに2011年を見据えている。独自シャシーの製造について進んでいる計画について、来月、カナダGPの前くらいに発表できることを期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT