ヒスパニア・レーシング F1マシン
ヒスパニア・レーシングは、ムルシアで新体制発表会を実施。F1マシンを初公開した。

ヒスパニア・レーシングF1チームは、ホセ・ラモン・カラバンテがカンポス・メタ1のチーム株式を買収して新設したチーム。

体制発表には、ブルーノ・セナ、そして直前に契約が発表されたカルン・チャンドックが参加。ダラーラ製のF1マシンを初公開した。

コスワース製エンジンとXtrac製ギアボックスを搭載するマシンは、トレンドとなっているVノーズやサイドポッドフィンなどが施されてはいるが、全体的に非常にシンプルなエアロデザインとなっている。

ダークグレーにホワイトとレッド、イエローのラインが入れたマシンカラーリングとフロントウイングマウント部のスペイン国旗が印象的だ。

HRT F1 ヒスパニア・レーシング F1マシン(画像) ヒスパニア・レーシング F1マシン(画像2) ヒスパニア・レーシング F1マシン(画像3) ヒスパニア・レーシング F1マシン(画像4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: HRT