ルイス・ハミルトン 3位表彰台 「カート時代を彷彿とされるバトルを楽しんだ」 / メルセデス F1イギリスGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの決勝で3位表彰台を獲得した。

ルイス・ハミルトンは、今シーズン初めて一時的にラップをリードしたが、33周目のピットストップの後、フェラーリのシャルル・レクレールとカルロス・サインツの後ろでコースに戻った。

セーフティカーは、ルイス・ハミルトン、2位のセルジオ・ペレス、そして最終的なウィナーであるカルロス・サインツJr.に、最後のリスタートのためにソフトを装着する機会を与えた。その後、ハミルトン、ペレス、そして、4位のシャルル・レクレールの3人によって白熱のホイール・トゥ・ホイールのバトルが展開された。

3位でフィニッシュしたルイス・ハミルトンは、新世代F1マシンでセルジオ・ペレスとシャルル・ルクレールとバトルできることに喜びを示した。

戦いを楽しんだかどうかと質問されたルイス・ハミルトンは「間違いなく楽しんだ」とコメント。

「カートの時代を非常に彷彿とさせたし、ラップごとにフォローしてダイスすることができて、F1は最高の状態にあると感じている。これは、僕たちが今進めている方向性の証だ」

「しばらく戦いに参加していなかったので、戦いに参加できたことに感謝している」

大幅にアップグレードされたメルセデスW13でシーズン初めてラップをリードした後、ルイス・ハミルトンはシーズン10戦目となるレースでようやくそれれができたことは「奇妙な気持ち」であるかどうか尋ねられた。

「まったく奇妙な気持ちではない。僕は自分のキャリアでたくさんの年を過ごしてきたけど。たくさんではないけど、キャリアの中で、しばらくの間勝利を収めていない年があったのは確かだ」

「過去数レースでの進歩により、今後さらに多くの可能性があるし、この車にはポテンシャルがある。デューデリジェンスを続け、頭を下げ、集中力を維持し、諦めないようにする必要がある」

インタビュー後、メルセデスF1の公式リリースでルイス・ハミルトンは以下のようにレースを振り返った。

「今日はすべてを出し切った! フェラーリ勢からそれらを奪うために追いかけていたけど、カルロスを祝福したい。今日の彼らは僕たちにとって速すぎた」とルイス・ハミルトンはコメント。

「最後はチェコ(ペレス)とバトルをした。今日の僕たちにとって彼らはストレートで速すぎたけど、ここにアップグレードと届けてくれたチームのハードワークに本当に感謝している。僕たちは彼らに一歩近づいたし、僕たちはプッシュし続けていく!」

「ピットストップで少し時間がかかってしまい、そこから追いかけて、追いかけて、追いかけた。どちらのタイヤもペ-ス素晴らしかったけど、最後はちょっと難しかった」

「レッドブルが後ろにつくと、彼らはストレートでとても速い。いくつか改善点はあるけど、表彰台は僕たちにとって大きなボーナスだ。序盤のあの大クラッシュでみんなが無事だったことをうれしく思う。みんなありがとう。僕たちはプッシュし続けていく」

ルイス・ハミルトン メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1 イギリスグランプリ


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イギリスGP