メルセデスF1のルイス・ルイス・ハミルトン 「フェルスタッペンを倒してのタイトルは最も意味がある」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、今年、マックス・フェルスタッペンを倒して8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得できれば、最も意味のある成果になるだろうと語る。

ルイス・ハミルトンは、残り2戦でレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを8ポイント差で追いかけている。

マックス・フェルスタッペンを倒して記録的な8回目のF1ワールドチャンピオンを獲得することは、これまでで最も重要な成果になるかと質問されたルイス・ハミルトンは「確かにそうだね」とコメント。

「1つは、これまで誰も達成したことのないことだ。このスポーツが長い間見てきたなかで最もタフなバトルだし、最もチャレンジングだ。トータルでそうなると思う」

「さらに、僕たちはパンデミックによってあらゆる問題に直面している」

また、ミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオンの記録を破ることは、自分とチームにとって「未知の領域」だとルイス・ハミルトンは語る。

「これまで誰も8回のタイトルを獲得したことはないので、かなりフレッシュで新しいものになるだろう」

ルイス・ハミルトンは、7回のF1ワールドチャンピオンに加えて、他の3回の機会にタイトル候補として最終戦を戦っている。その経験がシーズンのこの段階で助けになっていると語る。

「今まで以上にリラックスしている。長い間過ごしてきたからだと思う。初めてのことではない」とルイス・ハミルトンは語る。

「最初のチャンピオンシップがどのようなものだったか覚えている。2回目と3回目でさえ、眠れぬ夜など、いろいろなことがあった。当然、自分自身にはるかに自信を持っているし、これまで以上にうまく対応できている」

「過去から何も変えることができないことを知っている。僕にできることは、目の前のことにベストを尽くす準備をするだけだ。自分にできることは100%分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス