ルイス・ハミルトン 「フェラーリF1を経験せずに引退なんて驚き」
ルイス・ハミルトンは、自分がフェラーリの赤いレーシングスーツを着ることなくF1を引退することになりそうなことは“驚くべきこと”だと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、“ティフォシ”から伝説のマラネロブランドに移籍することを検討するように定期的に求められていることを認める。

「何年もの間、モンツァに行ってファンに会うと、いつも彼らが『フェラーリに来なさい!』と言っているのが聞こえる」とルイス・ハミルトンは Sky Italia に語った。

「それは僕のハートを温めてくれる。でも、自分がこれほど長い年月を経てフェラーリのために運転したことがないことはかなり驚くべきことだ。それは誰にとっても夢であり、達成したい目標だからね」

「実際に可能になることは決してなかったし、その理由を正確に知ることは決してできない」とルイス・ハミルトン(36歳)は付け加えた。

「僕は彼らがベストであることを望んでいるんだ」とルイス・ハミルトンは笑う。

「その代わり、近い将来、僕は彼らが世界選手権に勝つことを止めなければならないだろう」

「自宅には運転できるフェラーリが何台かあるけど、F1フェラーリはない」

フェラーリは代わりにはるかに若いシャルル・ルクレールに賭けており、仲間の若者であるマックス・フェルスタッペン、ジョージ・ラッセル、ランド・ノリスなどもすべてF1で上昇している」

若い世代の方が2022年のまったく新しいF1マシンにもっと簡単に適応できるのではないかと質問されたルイス・ハミルトンは「正直、そこは恐れていない」とコメント。

「でも、それが僕がF1に留まりたいと思う理由の一部でもある。なぜなら、それは本当に自分のスキルを示す機会になるからね」

「自分の経験はチームにとって重要であるだけでなく、すでに非常に速いジョージの成長にとっても重要であると考えている。彼はとても速いけど、僕はF1に長くいるので、彼はきっと僕から学ぶだろう」

「そして、僕も彼から学ぶことができるだろう。若い人から学ぶことに何の不安もない。。恐れることはありません。ただ勝ちたいだけだ」

「そうだね、僕はずっと年上だし、彼らは何も恐れていない。僕は彼らが運転するのを見るのが好きだ。可能な限り最も効果的な方法で彼らに対応できることでここがまだ自分の居場所に値することができると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / フェラーリ