F1王者ルイス・ハミルトン 「大坂なおみに対する世間の反発は馬鹿げている」
F1王者ルイス・ハルトンは、テニス界のスターである大坂なおみへのサポートを改めて表明。全仏オープンの主催者は大坂なおみの精神的窮状をもっと支援すべきだったと語った。

大坂なおみは、全仏オープンでルーマニアのパトリシア・マリア・ティグとの初戦でストレートで勝利した後、「アスリートの心の健康状態が無視されている」として記者会見への参加を拒否。全仏オープンの大会主催者は1万5000ドル(約165万円)の罰金を科した。

しかし、罰金が科された後、大坂なおみは全仏オープンの棄権を発表。初のグランドスラム・タイトルを獲得した2018年の全米オープン以来、「長いうつの状態を繰り返し苦しんできて、対応が本当に大変」と明らかにし、「コートから少し離れる必要がある」と述べた。

自身もメンタルヘルスに苦しんでいたことを打ち明けていた7回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンはInstagramに「メンタルヘルスはジョークでは済まされない」として応援メッセージを投稿した。

だが、実際には記者会見を拒否し、罰金を科せられたあとにうつ病を告白した大坂なおみを批判する声も少なくない。

F1アゼルバイジャンGPの木曜記者会見に出席したルイス・ハミルトンは、大阪なおみの状況についての彼の気持ちと、スポーツの世界がメディアに対処する若いアスリートの困難をいかにサポートする必要があることについて詳しく述べた。

「カメラの前に立つのはまだ大変なことかもしれない。簡単なことではない」とルイス・ハミルトンは語った。

「特に、内向的なタイプで、そのようなプレッシャーにさらされるのに苦労している場合はなおさらだ。一部の人は、他の人よりもそれに慣れていない。僕はここでの時間の中でその方法を学んでいるし、まだ学び続けている。自分がどのように携わっていくかを学び続けようとしている」

「でも、僕が若い頃は、何の指導やサポートも与えられずにその穴に放り込まれた。僕が知っていることは、若者たちが入ってくると、彼らも僕と同じことを目の当たりにしているということだ」

「そして、それが彼らにとって最善かどうかは必ずしもわからない。僕たちはもっとサポートする必要があると思う。プレッシャーを感じるようなことはするべきではないと思う」

ルイス・ハミルトンは、大坂なおみに対する世間の反発は「馬鹿げている」と語る。

「たとえば、ナオミについては、自分自身の健康に対して何もなされないことに不安を感じたという話だ。それに反発するなんて馬鹿げているし、人々は彼女が人間であることを考慮に入れていないと思う」

「彼女は『私は今これを行うには十分な体調ではない』と言っている。そのことを本気で考えて、人々はどのように反応するべきを考える必要があると思う。むしろ、彼女を支え、元気づけてあげるべきだ」

記者会見の早い段階で、ルイス・ハミルトンは、スポーツ選手が自分の弱さや不安に対処するためにスポーツ心理学者の助けを借りるべきかどうか尋ねられた。

「助けを求めるというのが正しいことであるかどうかを言うのに僕が適切な人間だとは思わない。僕はスポーツ心理学にあまり興味を持ったことはないけど、確かに興味深いトピックだと思う」とルイス・ハミルトンは語り始めた。

「彼女にアドバイスがあるとは言わないけど、彼女は素晴らしいアスリートであり人間だと思う。彼女の行動は非常に影響力があり、本当に若い年齢で肩に大きな負担がかかっている。それは避けられません。若いときに脚光を浴び、それが重くのしかかっている」

「問題は、僕たちのほとんどがおそらくそれに対処する準備ができていないということだ。僕がF1に参加して、チームがPRを行ったときのことを覚えているけど、カメラの前に投げ出されることに必ずしも準備はできているわけではなかった。何に気をつければいいのか、それを乗り越えるのに何が役立つかについて指導を受けたこともなかった」

「間違いから学ぶことしかできなかった。特にあらゆる善意で対応していることを人々に利用されると信じられないくらい神経質になる」

「だから、彼女は信じられないほど勇敢だと思うし、僕は彼女の勇気を称賛する」

「罰金という彼らの反応は良くなかった。また、誰かが自分のメンタルヘルスについて話しているのに、それを理由に罰金を科されるのはクールなことではない」

「彼らは間違いなくもっとうまく対処できたかもしれない。彼らがそれを深く掘り下げ、将来的にそれをナビゲートするためのより良い方法を見つけることを願っている」

「アスリートとして、僕たちは自分自身をプッシュし、ギリギリでやっている。僕たちはただの人間なんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1アゼルバイジャンGP