ルイス・ハミルトン、赤旗中にレースディレクターにペナルティを抗議
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPの赤旗中断中にF1レースディレクターのマイケル・マシに会いに行き、10秒のストップ&ゴーペナルティを抗議した。

ルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPで1回目のセーフティカーが出た際、ピットがクローズされているにも関わらず、ピットレーンに侵入したとして10秒のストップ&ゴーペナルティを科せられた。

リスタート後にペナルティを消化したルイス・ハミルトンは、トップから30秒差の最後尾でコースに復帰したが、そこから強力な挽回をみせ、7位でフィニッシュ。ファステストラップも記録し、チャンピオンシップのダメージを最低限に抑えた。

ルイス・ハミルトンは、赤旗中断中にレースコントロールに向かった。その目的はF1レースディレクターのマイケル・マシに会うことであり、ピットレーンがクローズされていることを警告する信号を見ていなかったとして、ペナルティに反対した。

「彼はそれを見ていなかったと言っていたので、我々はそれを議論した。それは事実だ」とメルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは語った。

「彼は真実ではないことを言うことはない」

「その黄色の十字はコーナーの外側にありました。内側には何もなかった。ピットレーンの入り口に赤信号はなかった。それが彼がマイケルを会いに行って『それを見なかった』と伝えた理由だ」

最終的にルイス・ハミルトンは、自分のミスを認め、ボード上の黄色の十字を見つけられなかったことを語った。

ルイス・ハミルトンは第1スティントで15秒ものリードを築いていた。トト・ヴォルフはチームのミスについて説明した。

「一連の奇妙な出来事だった。もしかしたらもっと早くに発見できていたかもしれない」とトト・ヴォルフは語った。

「決定は非常に珍しいものだったが、完全にルールの範囲内だった」

「ハースの1台がエントリー近く、パラボリカの内側の右側に駐車されていて、シングルーイエローが出た。11秒後、セーフティーカーが配備された」

「セーフティカーが配備されると、ピットレーンへのエントリーは赤で表示されたが、厳密には赤ではなく、外側に2つの黄色の十字が出た」

「我々がピットレーンに入っている間、戦略担当者の1人が無線に向かって叫んだ。混乱があった」

「我々はそのサインを見ることができない。そして、これはルイスのレースを台無しにした一連の出来事にすぎない。幸せではないが、我慢しなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / F1イタリアGP