ルイス・ハミルトン 「F1は心理的な戦いではない」「弱者がすること」
現役F1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2020年のF1世界選手権で自分たちのチームが明確な優勝候補であると表現しようとしているライバルチームの心理的な試みは効果がないと語る。

フェラーリは、プレシーズンテストを通してそのポテンシャルを軽視しており、テスト後のFIAとの“秘密の和解”によってパワーユニット論争の焦点となっている。

また、レッドブル・ホンダのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーはメルセデスがベンチマークであると強調しているが、ルイス・ハミルトンは他チームからのコメントが自分のアプローチを変えることはないと主張する。

「テストで他の人に注意を払うことはない」とルイス・ハミルトンは語る。

「僕たちはとにかく自分の仕事に集中しているし、他の人が何を言っているのかは文字通りわからない。もちろん、人々が僕たちを持ち上げて、自分たちを下げて話しているのを知っているし、彼らは予想外の結果を達成する可能性がある。でも、そんなに違いはない。

「人々はそれを心理的な戦いだと思っているようだけど、実際にはそうではない。それは弱者のためのものかもしれない。でも、僕たちにはまったく影響を与えない」

ルイス・ハミルトンは、今シーズン、ミハエル・シューマッハの7回のF1ドライバーズタイトルの記録に匹敵する可能性があるが、ディフェンディングチャンピオンであっても、潜在的なマイルストーンがプレッシャーを加えることはないと語る。

「それは僕が考えていることではない。僕はいつも、数字は私にとって大きなものではないと言っている。の区はもう少しここにいるつもりなので、うまくいけばそこに到達できるかもしれない。見てみるつもりだ」

「成功することで目標はより大きくなるし、10歳のときに最初のチャンピオンシップを獲得した日から攻撃の対象とされてきた。それは僕にとって新しいことではない。僕は常に唯一の黒人ドライバーだった。僕は常にチャンピオンシップの最前線にいた。したがって、他の27年間のドライビングと何の違いもない。なので、その空間は僕にとってかなり落ち着いたものだ」

「誰もがベストを尽くそうとするものだし、人々が自分を標的にして挑戦しようとするのはポジティブなことでもある。だから、僕たちがなんとかそれをやり遂げて、前でフィニッシュすることのはさらに気分がいいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス