F1
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1ワールドチャンピオン獲得記録で並ぼうとしているルイス・ハミルトンとミハエル・シューマッハには、他のドライバーとは異なる“どこからでも何らかのものを引き出す”才能があると語る。

昨年、ルイス・ハミルトンは21位戦中11勝、17回の表彰台を獲得して自身6回目のF1ワールドチャンピオンを獲得。2020年には破られることはないと考えられていたミハエル・シューマッハの最多チャンピオン記録に並ぼうとしている。

二人のドライバーを監督した経験のあるロス・ブラウンは、たとえ負ける公算が高いレースでも二人には勝てる能力があると語る。

「彼らは二人とも物凄い才能の持ち主だ。どこからともなく何かを引き出してくるよな瞬間がある。

「ルイスの予選ラップにチームは言葉を失った。ミハエルも同じだった。そのようなことができるドライバーがいることがいる」

だが、二人はいくつかの点で異なっており、ロス・ブラウンは、異なる強さが必要とされる異なる時代にレースをしている点を挙げた。

「異なるマシン、異なる時代、異なる競争だった。ルイスは信じられないほどプロフェッショナルで、献身的でコミットしているが、ミハエルは今のルイスが必要とはしていないマシンの詳細について熱心だった」

「ミハエルは、現在のテクノロジーがなかった時代に登場した。データ分析はかなり粗雑だった。今ではドライバーはマシンから降ると、エンジニアは隅々までマシンの挙動を分析する」

「ミハエルと初めて仕事をしたとき、コーナー番号が記載されたシートがあった。彼はアンダーステア​​かオーバーステアかを説明する必要があり、我々はそれを分析しました。」

だが、ルイス・ハミルトンはメルセデスとそのパワーユニットがなければ6回もタイトルを獲得できなかっただろうと主張する人がいる。

メルセデスは2014年にF1がV6ターボハイブリッドに切り替えて以降、6年連続でダブルタイトルを獲得している。

だが、ロス・ブラウンは、ルイス・ハミルトンは彼の成功のすべてに値すると信じていると語る。

「ルイスはそれに値する。彼は勝ちとったすべてのチャンピオンシップに値する」とロス・ブラウンは主張する。

「彼は適切なタイミングで適切なチームに所属し、最高のパフォーマンスを発揮している。彼はミスを犯さない素晴らしいドライバーだ。彼のパフォーマンスは並外れている」

「ルイスは運で勝っているわけではない。彼は素晴らしい仕事をしているので勝っている。彼を称賛すべきだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス / ミハエル・シューマッハ