ルイス・ハミルトン 「新世代の台頭は自分のF1キャリアには影響しない」
メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1の新しい才能から挑戦を受けているが、それがF1キャリアを伸ばすための追加のモチベーションになっているわけではないと主張する。

過去6戦でルイス・ハミルトン、マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレールがそれぞれ2勝ずつ挙げている。特に夏休み明けのスパとモンツァでは、ルクレールがハミルトンからのプレッシャーを跳ねのけて2連勝を果たしている。

ルイス・ハミルトンは、共に21歳の二人からの脅威に直面しているが、唯一のモチベーションはライバルの年齢に関係なく勝利のためにレースをすることだと語る。

「それが僕のキャリアを伸ばすことに関係することはない。そのように見えるかもしれないけど、僕はそれが誰であれ、挑戦を受けることを愛している」とルイス・ハミルトンはコメント。

「彼らは若いけど、僕もまだフレッシュで若いと思っているし、かなりうまくレースができていると思う。それは短期間で変わるかもしれないけど、誰にもわからないことだ。自分の年齢のことはわかっている。この年齢では腹が出てきて、白髪が出始めてくるものだけど、僕はそこから少し離れている」

スパとモンツァでのフェラーリの2連勝は、マシンの特性に合ったサーキットで達成されたが、今週末のシンガポールGPではメルセデスが競争力を発揮するとみられているが、ルイス・ハミルトンは今後のレースでより接戦になることを願っていると語る。

「僕はそうは感じていない。次のレースが僕たちに有利だと考えることを楽しみにはしてない。ファクトリーに行き、同じプロセスを行い、クルマを改善し、メソッドを改善し、より良い仕事ができることを願っている」

「次のレースでもっと良い仕事ができることを願っている。もし彼らが同じくらい競争力があれば素晴らしいことだ。僕たち、レッドブル、フェラーリとの間の競争になることを願っている。僕はこの戦いを続けたいと思っている。そのような機会が増えれば素晴らしいと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス