F1 ルイス・ハミルトン
5回のF1ワールドチャンピオンであるメルセデスのルイス・ハミルトンは、モータースポーツがいかに危険なスポーツであるかについて改めて警鐘を鳴らした。

土曜日に行われたFIA-F2選手権の決勝レースで、22歳のアントワーヌ・ユベールが事故によって命を落とした。昨年のGP3でチャンピオンを獲得したユベールは、ルノーF1チームのアカデミーに選出されるなど、将来を有望視されるドライバーだった。

この事故を受け、ルイス・ハミルトンは自身のInstagramで亡くなったアントワーヌ・ユベールに哀悼の意を表するとともに、モータースポーツは決して安全なものではなく、すべてのレーシングドライバーが命を懸けて戦っていることを認識してほしいと訴えた。

「もしこのスポーツを見て、楽しんでいる人が、僕たちがやっていることを一瞬でも安全だと思っているのであれば、それは大きな間違いだ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「すべてのドライバーが、命を懸けてコースに出ていく。人々は真剣にそのことを正しく理解する必要がある。十分に認識されていないと思う。ファンだけでなく、実際にスポーツで働いている人々にもそう言いたい」

「僕にとってアントワーヌはヒーローだ。彼はリスクを冒して夢を追いかけた」

「このようなことが起こってしまったのはとても悲しい。彼を称え、記憶にとどめよう。安らかに眠れ」

関連:F2 ベルギー大会 レース1 | 大クラッシュが発生して中止が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス