F1 ルイス・ハミルトン メルセデスAMG F1
ルイス・ハミルトンは、メルセデスと共に成し遂げられることはまだたくさんあると感じており、現時点でF1引退について考えていないと語る。

今シーズン、ルイス・ハミルトンは前半戦で8勝を挙げてランキング首位を独走。F1ハンガリーGPではマックス・フェルスタッペンとのエキサイティングなレースを制して、2位のバルテリ・ボッタスに62ポイント差をつけて夏休みを迎えた。

グリッドでも年長のドライバーの一人である34歳のルイス・ハミルトンは、F1でほぼすべてのものを手にしているが、それでもメルセデスで成し遂げるべきことがたくさんあると信じている。

「いつかはやめなければならないけど、今は身体的にも精神的にも素晴らしいと感じている」とルイス・ハミルトンは The Guardian にコメント。

「すぐにやめる計画はありません。やるべきこと、勝つこと、クルマの内外で一緒に成し遂げられることがもっとたくさんある」

「驚異的な旅だった。2013年に一緒にハンガリーで最初の勝利を収めた。僕がチームに参加したときから、大部分の人々はまだここにいる。この旅は驚くべきものだったけど、これから僕たちが一緒に達成できることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / メルセデス