F1 ルイス・ハミルトン ミック・シューマッハ
ルイス・ハミルトンは、ミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハが近い将来F1にやってくるのは間違いないと考えている。

先週末、ミック・シューマッハはヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得。シングルシーターでの初タイトルを獲得。来年は、ミック・シューマッハはF2にステップアップすると考えられているが、すでに多くのF1チームが彼に注目している。

2013年にミハエル・シューマッハに代わってメルセデスに加入したルイス・ハミルトンは、ミック・シューマッハはF1に到達するために必要と才能と名前の両方を持っていると語る。

「ミハエルは史上最も優れたドライバーと称されるドライバーだ。最も多くのタイトルを獲得している」とルイス・ハミルトンはコメント。

「シューマッハの名前がF1に戻ってくるのは100%確実だ。名前のおかげという部分も少しはある。でも、彼は素晴らしい仕事をしている。お父さんと同じように多くの才能を持っている」

「もし僕に子供がいて、彼がレースをしたいと言うなら、たとえ遅くてもこの名前さえあればF1には来られるだろう」

ミック・シューマッハは、どのF1チームとも直接的な関係を結んでいないが、F3チャンピオンへと後押ししたのはメルセデス製エンジンだった。

昨年ミック・シューマッハがF1にゲストとしてやってきた時に何度か会ったというルイス・ハミルトンは、19歳のミックの態度に感心したと語る。

「彼は本当に良い仕事をしている。それに、本当に良い子だ」とルイス・ハミルトンはコメント。

「去年、彼はいくつか週末にチームのメンバーとして来ていた。すごく気遣いができるし、お父さんのような素晴らしい才能を持っている。僕の個人的な考えでは、名前が彼の重荷になることはないと思う。スポーツにとって本当にいいことだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | ミック・シューマッハ