F1 ルイス・ハミルトン セバスチャン・ベッテル
ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、F1のレジェンドであるファン・マヌエル・ファンジオが打ち立てた5度のF1ワールドチャンピオンという記録に並ぶことは特別な業績になるだろうと認める。

昨年、ルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルとアラン・プロストに並んで歴代3位タイとなる4度目のF1ワールドチャンピオンを獲得した。

今後、ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、ファン・マヌエル・ファンジオの5度のワールドチャンピオンという記録を目指すことになる。その上はミハエル・シューマッハが記録した7度のワールドチャンピオンだ。

ファン・マヌエル・ファンジオの記録について質問されたセバスチャン・ベッテルは「彼が少ないレースでいかに短期間で成功したかを考えれば、僕たちが彼に並ぶことはないのは確かだ」とコメント。

「彼が成し遂げことを達成するには、多くのことをまとめる必要があった。クルマの信頼性は今とは違ったと思うし、彼は全てをまとめるという点では史上最高のドライバーだったと思う」

ルイス・ハミルトンもベッテルの意見に同意する。

「最も危険だった時代に彼が達成したことを考えれば、彼は誰もが最高のドライバーだと称賛すべき人物だと思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「実際、彼の成功はもっと祝福されるべきだと思う。実際にはあまり多く言及されていない。彼はドライバーにとってスポーツのゴッドファーザーだと感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ルイス・ハミルトン | セバスチャン・ベッテル