ハースF1 小松礼雄 「ミック・シューマッハの態度にチームは不満だった」
ハースF1チームのトラックサイド エンジニアリング ディレクターを務める小松礼雄は、今年初めのオーストリアでのミック シューマッハとのフラストレーションのたまった時期について打ち明けた。

レッドブル・リンクでのスプリントレースで、ミック・シューマッハはチームメイトのケビン・マグヌッセンの後ろを走行していたが、自分の方がペースが速いと感じてポジションのスワップを要求した。

しかし、チームオーダーは発行されず、ミック・シューマッハはチェッカーフラッグ前にライバルに遅れをとってしまい、ポイントを獲得できなかった。

その後、ミック・シューマッハは日曜日のグランプリでF1キャリアのベストリザルトを獲得することになるが、小松礼雄はハースF1チームがイベントでのミック・シューマッハの態度に不満を抱いていたことを明らかにした。

「ミックはケビンの後ろにいて、それが彼を苛立たせていました」と小松礼雄は Motorsport-Total.comに語った。

「彼のスプリントレースへの集中は適切なものではありませんでした」

「それについては後で話しました。スプリントレースの前に、チームとしてどうするか話し合っていました。しかし、その後の彼の行動はあまり好ましいものではありませんでした。そして、その後の彼の発言も良くありませんでした」

2022年シーズン以降のイック・シューマッハの将来は不明であり、今年末にハースF1チームを去るとの噂が強まっている。

F2タイトルを獲得した翌年、ミック・シューマッハは、2021年にニキータ・マゼピンと並んでハースF1チームに配置され、F1での2年目はケビン・マグヌッセンとペアになった.

ケビン・マグヌッセンは、ニック・シューマッハよりも多くの経験を誇っており、小松礼雄は、シューマッハがチームメイトに集中しすぎていると非難した。

「ミックはチームメイトに集中しすぎるところがあります」と小松礼雄は語った。

「なので、私は彼に『見てみろ、ケビンは本当に君を助けようとしている。彼はロマン(グロージャン)には決して話さなかったであろうことを君に話している』と伝えました」

「そしてミックは、チームにとって最も重要なことはコンストラクターズチャンピオンシップの順位を上げることだと気づきました」

「私は彼に『ミック、大丈夫だ、君はうまくやっている。このようなことではなく、自分のパフォーマンスに集中してしろ』と説明しました。そのあとは再び問題ありませんでした」

「ケビンのような確立されたチームメイトを持つことは、ミックにとって非常に良いことです。彼がどれほど優れているか、我々は前もってわかっていませんでした」

「その後、ケビンがやって来て、それが参考になりました。2021 年のマシンでは、ウィリアムズに対して安全だったと思います。当時、ケビンがいれば戦えたでしょう。ミックは、彼の成長においてそれから利益を得ていたでしょうね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ