ハースF1代表、ミック・シューマッハに厳しい言葉も「外野は黙ってろ」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、苦戦しているミック・シューマッハを攻撃することでチームを分断しているとの見解に反撃した。

アゼルバイジャンでのレース週末を終えたミック・シューマッハは、最下位で終えた予選に「腹を立てて」とり、グランプリであまり進歩していないことを認めた。

「自分に腹が立っている」とミック・シューマッハはSky Deutschlandに語った。「シンプルに全体的な状況は少しばかげているからね」

「車はシンプルに最後の場所よりも優れている」

ミック・シューマッハが言う「全体的な状況」とは、チームメイトのケビン・マグヌッセンと競争できていないだけでなく、高速クラッシュが相次いでいるに対する周りの状況もある。

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、F1での将来についてミック・シューマッハに警告することでクラッシュに反応した。

このアプローチは、Sky Deutschlandの解説者でであるミックの叔父ラルフ・シューッハによって批判された。

「Skyは我々を分裂させようとしている」とギュンター・シュタイナーはBildに語った。

「私はそういったゲームをプレイしていない」

しかし、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフでさえ、ラルフ・シューマッハや他の批評家たちが言う疑わしいアプローチについて同意することで、状況に加担した。

「私は私であり、あなたも私を変えることはないだろう。もっと強力な人が必要だ」とギュンター・シュタイナーはSky Deutschlandに語った。

「しかし、我々は人々がそうさせたいと思うほど悪くも非人道的でもないと言い続けている。私はミックにもプレッシャーをかけないようにしている。チームの外部からのこのような分裂はミックにとって良くない」

「しかし、我々は適切かつポジティブに話し合っている。ミックが成功することを望んでいる。それをどのように行うかは我々次第です。アドバイスは必要ない」

「私にはミックが必要だ。ミックには我々が必要だ。すべての言葉が向きを変えて捻じ曲げられている外野からのプレッシャーがたくさんある。しかし、我々が協力しなければ、そこにたどり着くことができない」

ギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハがF1に十分に適していることは間違いないが「我々は成功する必要がある。我々はポイントを獲得しなければならない」と語った。

だが、ミック・シューマッハはハースF1チーム側に責任があると考えている。

「僕たちの車はまだ開発されていないことを僕たちは知っている。他の多くの車が開発されているので、それは助けにならない」とミック・シューマッハは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース / ミック・シューマッハ