ハースF1チーム、マラネロ設計の初号機『VF-22』の進捗に満足
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、最近、チームオーナーであるジーン・ハースがマラネロの設計施設を訪れ、そこで開発が進められている2022年F1マシン『VF-22』の進捗に満足していると語る。

ハースF1チームは、本拠地を英国バンベリーに置き、シャシーパートナーのダラーラを収容するもうひとつの拠点をイタリアのヴァラーノ、そして、フェラーリのマラネロのファクトリーにデザイン施設を置くという3つのサイトに事業を分割した。

ハースF1チームは、2022年の新しいF1レギュレーションに焦点を当てており、今季はミック・シューマッハとニキータ・マゼピンというオールルーキーのラインナップを採用しながらも、2021年F1マシンの開発を回避するという決定が物議を醸した。

特に近年のハースF1チームの順位の下降を考えれば、それは危険が決断だったが、ギュンター・シュタイナーは、最近、マラネロのデザインハブをチームオーナーとともに訪問し、そこで彼れが目にした形になりつつある2022年F1マシン『VF-22』の進捗に満足していると述べた。


「これらは私とチーム全体を前進させ続ける未来だ」とギュンター・シュタイナーは Motorsportweek.com に語った。

「ジーンと一緒にそこに行ってきたが、彼は3年間イタリアに行けていなかった。ここ数年は新型コロナウイルスによって行くことができんかあった」

「彼を案内し、我々がどのように展開し、どのように組織化し、そしてシモーネ(レスタ/テクニカルディレクター)がどのようにグループをリードしているかを示した」

「彼は目にしたものに満足していたと思う。また、我々全員と同じように2022年を楽しみにしている」

「我々は準備ができていると思う。どこに行き着くのかはまだ分からないが、確実に前進していく」

シモーネ・レスタは、エンジニアの目には2022年に取り組むべきまったく新しいレギュレーションに触発された“炎と野心”が見えると語る。

「新しい一連のレギュレーションの導入は、既存のマシンでのリファレンスがないため、チームがゼロからアイデアを開発するためのユニークなチャンスをもたらしている思う」と元フェラーリのデザインチーフであるシモーネ・レストは語った。

「各エンジニアの目には、彼らが最高のデザインやコンセプトを思い付くことができることを証明してやろうという炎と野心が見える」

「新しい一連のレギュレーションにより、まだ存在しないものを開発しようとしている。これは非常にエキサイティングなことだ。以前の経験から学んだことは、それはチームの結果を最大化することを目的とした新しい課題を提供する際の重要な要素だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ハース